お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

なんかクセェ……! 彼女の体臭にドン引きしたエピソード4つ

ファナティック

暑い夏、女性にとって体臭は特に気になるエチケットのひとつですよね。できることなら無臭がいいし、彼には体臭で不快な思いをさせたくないと思うもの。そこで今回は、働く男性が経験した彼女の体臭にドン引きしたエピソードを聞いてみました。

<彼女の体臭にドン引きしたエピソード>

■汗をかくのは仕方ないけれど……

・「夏の夕方。汗なのか、彼女の部屋のニオイなのかわからないが、明らかに異質な感じがしたから」(29歳/その他/その他)

・「汗くさい。風呂になかなか入らない」(35歳/建設・土木/技術職)

暑いときや体を動かしたときなど、汗をかくのは人間なら当然のこと。問題はかいた汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖しにおってきます。体を清潔に保つためにも、お風呂にはちゃんと入るようにしたいですね。

■靴を脱いだらびっくり

・「意外と足がくさかったとき。女性でもくさくなるんだなと感じた」(30歳/情報・IT/その他)

・「足がものすごくくさかったこと」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

見た目からまったく想像できない女性の足のニオイ。ですが革靴にストッキングの組み合わせは最強の足のムレを生み出します。ほかにも水虫などの疾患があれば、さらに足のニオイは強烈になるでしょう。

■行き届いていない口腔ケア

・「一緒に寝てるときに、口のくささを感じたときは眠気が覚めた」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「息がピーマン。できれば無臭でいてほしい」(35歳/その他/販売職・サービス系)

口臭は歯を磨いていないことだけが原因ではありません。虫歯や親知らず、喫煙、偏った食生活など、口臭の原因はたくさんあります。口がくさいなと思ったら、しっかりと原因を特定し、改善することが大切です。

■アポクリン腺の仕業とは言っても

・「何気なく作業をしているとワキガの独特なニオイがして、集中できなくなったことがある」(32歳/その他/その他)

・「ワキガであることにまったく気づいていなかった」(38歳/その他/専門職)

ほかの体臭は自分の努力でなんとか対処できるものであるのに対して、ワキガは強力な制汗剤を使っても対処ができないこともあります。周囲に不快感を与えないよう、着用した衣類のワキをしっかり手洗いしたり、除菌効果のある洗浄料を使うなど工夫が必要ですね。

<まとめ>

人にはそれぞれ体臭があります。もともと持って生まれた体質の場合は仕方ないにしても、生活習慣などで改善できることも多々あるでしょう。気になる彼とせっかくいい雰囲気だったのに、体臭が原因で思い届かず……という結果にならないよう、自分の体質としっかり向き合い、適したケアを行っていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~2016年7月15日
調査人数:398人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]