お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

カウントダウンの予感……! 「この恋もう引き際?」男性が感じる恋の終わり・4選

ファナティック

恋がはじまったときは、人生で1番幸せな気持ちに感じるものですが、恋の終わりが近づくと、人生で1番不幸な気持ちに感じるものです。そこで今回は社会人男性のみなさんに、恋の終わりの兆候を感じたことがあるか、お話を聞いてみました。

■会うのが面倒になる

・「だんだん会う頻度が減ってくること。お互いに最優先事項でなくなってくるところから別れがはじまると思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「相手と会わなくても平気。会いたいと思えなければ終わりだと思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「相手に興味がなくなり、会うのが面倒になってきたころ」(38歳/情報・IT/技術職)

どんなときでも相手のことを思ったり、会いたいと考えるのが恋愛ですよね。会うのが面倒になるというのは、恋愛感情が薄れたり、なくなったりしていることの現れと言えるのかもしれません。

■連絡が減ってくる

・「連絡を取る頻度が減ってくると、関係が冷えきってくる感じで、そろそろ関係も終わりかなと思ってしまう」(36歳/情報・IT/技術職)

・「お互い連絡を取らなくなったとき。お互いの興味が薄れている証拠だから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「メールや電話の頻度が激減したとき。コミュニケーションが一方通行になったら、引き際だと思います」(38歳/学校・教育関連/専門職)

今まで頻繁に連絡を取っていたのが、面倒になることもあるようです。はじめから意識してマメな連絡をしていたのであれば、気を張らずに自然なペースになったと言えそうですが、そうでない場合は、自然消滅に向かっているのかもしれません。

■会話がなくなる

・「会話が少なくなると、終わりかなと感じる」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お互いにあまり気にならなくなって、会話が減ったとき」(28歳/商社・卸/営業職)

・「会っても特に話すことがなくなる」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

会話がなくなってしまうのも、恋愛の終わりということもあるかもしれません。ですが、お互いの雰囲気がよかったり、会話をしなくても居心地が悪くならなかったりすると、会話がなくても関係が悪化しているとは言えませんよね。単純に会話が続かなくなるのは、相手への興味が薄れてきているのかもしれません。

■楽しくない

・「話をしていても全然楽しくないなと感じ始めたら」(28歳/情報・IT/技術職)

・「一緒にいて新鮮味がなく、つらいと思い始めたとき」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「一緒にいるときつまらなそうにしてる」(33歳/商社・卸/営業職)

長く一緒にいると、どうしてもマンネリ化してしまいやすく、つまらない、楽しくなくなってしまうこともあるようです。これを乗り切れば、より信頼し合える関係になるのかもしれませんが、耐えられなければそのまま終わってしまうのかもしれません。

■まとめ

上記の兆候のほか、今までは笑って許せていたことが、そうではなくなることもありますよね。「相手の欠点が許せなくなったとき。口うるさい彼女のことを最初は許せていたが、次第に我慢できなくなった」(35歳/建設・土木/技術職)といったように、相手に対しての気持ちが変わってしまうと、それは恋の終わりなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月31日~6月19日
調査人数:102人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]