お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もっと相手してよ~(半泣)男性が「愛情が冷めてきた?」と思う彼女の言動4つ!

ファナティック

彼との付き合いも長くなり、なんだか近頃マンネリだなぁと感じている人は日頃の態度を振り返ってみた方がいいかもしれません。女性の心境の変化を敏感に感じ取っている男性も多いようです。働く男性に、愛情が冷めてきたと感じる彼女の言動について、アンケートを採ってみました。

■会話が少なくなる

・「電話がつながりにくくなったり、すぐに話を切り上げられるようになる。あまり大事に思われてないのかな……と感じてしまう」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「晩御飯を食べているときにまったく会話がない。熟年夫婦かとも思う」(36歳/金融・証券/営業職)

今までは何かと2人で話をしてきたのに、気が付けばほとんど会話を交わすこともなくなった。これは相手と「話したくない」という彼女の意思表示かも。相手が考えていることもわからず、愛情確認もできません。今までとの違いは明らかですね。

■一緒の時間を楽しんでいない

・「会話していてもつまらなそうだし、なんとなく暇つぶしのような感じになってきたとき」(29歳/機械・精密機器/営業職)
・「何かにつけて疲れたを連発してつまらなそうにしてる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

一緒にいるだけで楽しかったあの頃。今となっては楽しそうなそぶりさえも見せてくれない。一緒にいても何の中身もない時間を過ごすことは、お互いにとって苦痛以外の何物でもないでしょう。

■メールのレスポンスが遅くなる

・「LINEの返信が、当日ではなく2~3日後にくるようになったとき。『自分より大切な人ができて、その人とLINEでもしてるのかな』と感じるので」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「LINE送ってからの返事までの時間。今まではすぐだったのが既読スルーを平気でするようになったら」(37歳/機械・精密機器/営業職)

好きな人とのメールはできる限り早く返して、その返事も待ち遠しいものです。ですが気持ちが冷めれば返すことさえ煩わしくなってしまうもの。気持ちが冷めれば既読スルーなんて勇気のいることも平気でできてしまうのかも。

■会う頻度を意図的に減らす

・「なんとなくデートの日取りなどを先送りしつつあるのがわかるとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「会いたいときに会えなかったり、なんだかんだの理由で会う機会が減ってくる」(38歳/情報・IT/技術職)

会いたくないことを遠回しに言われているようで、かなりダメージが大きい言動ですね。やたら体調不良の日が増えたり、急に忙しくなったりしたときは要注意かも。好きな人になら忙しくても時間を作って会いにいくものです。

■まとめ

どの言動も、彼女を信じて付き合ってきた彼にとってはつらいものがありますよね。気持ちが冷めてきてしまうのは仕方のないことですが、それは今後の付き合い方について2人が考えなければいけない時期にさしかかっているのかもしれません。愛情が冷めてきたことをただ態度に表すだけではなく、2人の問題として話し合うことが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数105件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]