お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

こんなところ選ぶ!? 彼氏とのお泊まりデートで「外した!」と感じた場所4つ

ファナティック

朝からソワソワしてしまう、彼氏とのお泊まりデート。一日中一緒にいられる幸せを感じられる、せっかくのデートなのに「あえてこの場所選ぶ!?」なんてビックリすることも……。彼氏とのお泊まりデートで「外した!」と感じた場所を、働く女性に聞いてみました。

■ボロボロのラブホテル

・「古めのラブホテル。快適ではなく、早く帰りたくなった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ホテルの建物がけっこうボロボロでちょっと……と思ったことがあった」(33歳/不動産/専門職)

見えない何かがいそうで、怖くて眠れなくなるのがボロボロのラブホテル。ムードが台無しになるだけじゃなく、睡眠不足にも陥ってしまいそうですよね。こんなことならおとなしくお家デートにすればよかった……と後悔しやすい場所かもしれません。

■場所選びに気合を入れすぎて失敗

・「旅館。雰囲気が和みすぎてロマンチックにならなかった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「山の中のコテージで、虫の声がうるさすぎ」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「遠すぎる場所。疲れて帰りにケンカになった」(34歳/医療・福祉/専門職)

ただ気合とお金をかけてお泊まりデートの場所を選んでも、それはそれで失敗することがあるのだとか。自然に囲まれすぎるのも、それはそれで落ち着かない? また長旅になりケンカの原因を作ってしまうこともあるそう。

■安すぎて失敗した!

・「ビジネスホテル。お金がなくてとにかく安いところにしたけど、ちょっと汚かったので安すぎてもダメだなと思った」(28歳/建設・土木/技術職)

・「安いラブホテルは、設備やサービスも浅くてガッカリです」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

気分転換にいいのがホテルでのお泊まりデートですが、安いところを選んでしまうとかえってわびしいムードになってしまうことも。数千円のちがいなら、がんばって払ったほうがいい場合もありますよね。お泊まりデート前の下調べは念入りに!

■手近で済ませすぎて失敗

・「彼氏の家。本当に汚くて、ムードも何もなかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家から割りと近いラブホ。知り合いがいるのではないかとヒヤヒヤしながら入っていった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

お金もかからないし楽だしと手近なところで済ませようとすると、2人の仲を阻む色んな障害が……。盛り上がって、その場の勢いでお泊まりデートになだれこむとガッカリな結果になりやすいのかもしれません。

■まとめ

ふと冷静になって周囲を見回したときにドンヨリした気持ちになりやすいのが、こんな場所でのお泊まりデート。気がはやって焦りやすいデートだからこそ、じっくりプランを練って挑むのが正解ですよね。彼氏任せにせず、自分でもチェックしておくとさらに間違いなしかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~7月19日
調査人数:109人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]