お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やん、好きになっちゃう……! 男性に言われてドキッとしたセリフ4選

ファナティック

ときめきは女性が美しくなるために、大切な要素。できることなら、毎日、ときめきを感じたいものですよね。たとえば、職場や友達の男性に「ドキッ」とするような言葉を毎日投げかけてもらえたら、生活に張り合いが出るかもしれません。今回は、男性に言われて「ドキッ」とした台詞を、働く女性たちから教えてもらいました。

■褒められると……

・「真面目な人に『キレイですね』と言われて。絶対言わなさそうな人だったのでムダにドキッとしてしまった」(33歳/不動産/専門職)

・「もう、かわいいね、といきなり先輩に言われた。シンプルだけど突然言われてドキッとしてしまった」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「かわいい、いい匂いがするなどの褒め言葉」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「最近キレイになったね、と言われたとき」(29歳/学校・教育関連/専門職)

よほど褒められ慣れていない限り、不意打ちで褒められて、ドキドキしない人のほうが少ないでしょうね。気になっていた異性から褒められたら、余計にドキドキしてしまうでしょう。

■愛の告白

・「旦那さんに僕はいつまでたっても君のことが大好きと言われたときにドキッとしました」(32歳/その他/その他)

・「ストレートに好きですと言われたとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「君が好きです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

愛の言葉は、どんな人に言われてもときめきを感じるもの。それが大好きな人であれば、あるほど、ときめきは大きいはず。

■それは愛の告白?

・「お前といるとすごく落ち着く。安心感を感じてもらえてたみたいでうれしかった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お前ならこの先もうまくやっていけると思う。純粋にうれしかった」(23歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「君の笑顔を見ると俺まで幸せな気分になれるよ、と言われた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「彼氏になったら今よりもずっと幸せにしたいなと言われたとき」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

愛の告白なのか、それともただの感想なのか、ギリギリのラインの言葉。もしかしたら、ストレートな告白よりも、こちらのほうがドキドキしてしまうかもしれませんね。

■禁断の恋の予感

・「もっと早くで会っていればなぁ」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「既婚者の先輩に、酔っ払った席で『俺●●さん(私)のことめっちゃ好きなんだよね』って言われて、私も結婚してるけどドキッとした」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「会社の素敵だと思っていた上司に、『結婚する前に君に出会いたかった』と言われドキッとしました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

今流行の「禁断の恋」を想像させる言葉の影響力はさぞや強いことでしょう。結ばれてはいけない相手だと分かっているからこそ、余計にときめいてしまうのかも。

■まとめ

ドキドキを感じられる言葉は、案外日常の中にこっそり潜んでいるかもしれません。心の栄養であるときめきを摂取するためにも、異性からの言葉には、敏感でいたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数107件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]