お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

股をひらいて●●! 彼女に対して「オバサンになったな」と思う瞬間5

フォルサ

彼女に対して「オバサンになったな」と思う瞬間5

人は必ず年をとるもの。しかし、いつまでも若くいたい、若く思われたいと感じる女性は多いのではないでしょうか。今回は男性に、彼女がオバサンになったなと思う瞬間について本音を聞いてみました。

■こんな身だしなみで……

・「おしゃれに気を使わなくなったとき」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「化粧をしなくなった」(29歳/商社・卸/販売職・サービス系)

まず挙がったのは、このように美意識が薄れていると感じられる身だしなみについての意見。しかしその一方で、

・「化粧が濃い」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

という声も。気合が入りすぎると若作りだと思われてしまうようです。

■身体的な部分で……

・「顔にしわが増え、肌の張りが無くなってきたとき」(37歳/金融・証券/営業職)

・「近くで見た時の目じりのしわ。ウエストのたるみ」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「ほうれい線が目立つようになってきた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「首もとのシワがそう思わせます」(33歳/金融・証券/営業職)

・「おなかが出てきた」(31歳/自動車関連/その他)

やはり多かったのが顔に出るシワのようです。たしかにホウレイ線が深いだけで一気に老けた印象になりますよね。男性はなにげに見ています、お肌のお手入れは念入りにしましょう。

■ふとしたしぐさで……

・「笑い方」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「家の中で平気で股(また)をひらいて座る」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「こしが曲がっている」(26歳/学校・教育関連/専門職)

日常生活の中での姿勢やしぐさで”オバサン”を感じる男性も。外見さえ気をつけていればいいわけではないようです。

■身体的不調で……

・「疲れた顔」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「あっちが痛い、こっちが痛いとばかり言っている時」(36歳/情報・IT/技術職)

・「一緒に歩いてもすぐに『歩き疲れたから、休もー。』と言ってきたとき」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

このように、身体の不調を感じている様子を見ると、年をとったなぁと思う男性もいるようです。年をとると体力が落ちて疲れやすくなるんですね。

■性格の変化

・「人の言動に腹が立つようになったとき」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「恥じらいが薄くなる」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

怒りやすくなったり、人前で恥じらいを感じられない行動をみたときも、男性はオバサンになったな、と思うようです。いつまでも少女のような恥じらいと奥ゆかさを忘れないでいたいものです。

■まとめ

このように、身だしなみのほかにも姿勢や性格面など案外本人が気づきにくい所からも男性は”こいつ、オバサンになったな”と感じているようです。上記のなかに当てはまった言動があった女性は、今日からでも意識して改めてみるのがいいかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月21日~6月29日
調査人数:93人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]