お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

できれば〇〇〇は安めで……。男性が「結婚する時に一番お金を使いたいもの」ランキング!

ファナティック

結婚式に披露宴、新婚旅行に新生活……「結婚」には多くのお金がかかるものです。「せっかくだからパーッと!」という気持ちもわかりますが、その後を考えると少々不安に! 近年では「使うところ」と「節約するところ」を明確にわけて、効率化を図るカップルも増えています。そこで今回は、結婚にまつわる支出の中で、男性がもっともお金を使いたいところについて調査しました。

Q.結婚するときに、何に一番お金を使いたいですか?

第1位「今後のための貯金」……42.6%
第2位「新居の準備」……21.6%
第3位「新婚旅行」……18.2%
第4位「結婚式」……17.6%

結婚式を一大イベントと捉える女性としては、理解できない!? 結婚式&新婚旅行という二大支出がランキング下位という結果になりました。それぞれにお金を使いたい理由も聞きました。

■第1位「今後のための貯金」

・「子どもとか欲しいし生活が一番大事だから貯金する」(34歳/情報・IT/技術職)
・「老後が不安なので、安心材料を確保したい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「結婚式やハネムーンは一過性だが、今後の資金は一過性ではなく、ずっと続いていき、かつ大きな金額になるため」(34歳/学校・教育関連/その他)

イマドキのアラサー男性たちは、不況を生き抜いてきた世代。「今後」に対する不安も、他世代よりも強いのかもしれませんね。とはいえ、結婚と同時に「老後」まで視野に入れるとは……。安心できると共に、女性としてはちょっと物足りなく思ってしまうかも!?

■第2位「新居の準備」

・「早くマイホームが欲しいし、たくさんの準備金が必要」(35歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)
・「結婚式にいまいち乗り気になれない。新婚旅行も、普通でいい。それよりも長く暮らす新居の準備にこそ気合を入れたい」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「家電や家具を、新調しなきゃならいから」(35歳/商社・卸/営業職)

幸せな新婚生活を送るためには、場所だって大切! できるだけ早くマイホームを購入すれば、定年後のローン負担も軽くなります。それはそれで夢のある話! とはいえ、結婚と同時のマイホーム計画は精神的・肉体的負担も大きいものですから、十分にご注意を。

■第3位「新婚旅行」

・「普段はなかなか行かないような遠い場所に行ってみたい!! おそらく、社会人で長期休暇を取れる唯一の日だろうから」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「2人でスタートの旅行、最高のバカンスを楽しみたい!」(31歳/商社・卸/営業職)

「2人で旅行なんて、いつでも行けるし~」と思うのは、大きな間違いです。新婚旅行用に特別休暇が取れる場合には、ケチらずに思い切りゴージャスな旅行をするのも良いですよね。

■第4位「結婚式」

・「自分たちにとって一生に一度の式だし、これまでお世話になった方々を招待するので喜んで帰っていただきたいから。そのためにはプランや金銭面で妥協をしたくないから」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「女性にとって一生に1番キレイな自分を見てもらう機会だと思うので、そこに1番お金をかけてあげたい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

残念ながら最下位となりましたが、選んだ男性たちの中には、「彼女のために」という優しい意見も目立ちました。女性として譲れないポイントを絞り込んで伝えるだけでも、上手な「節約」が実現できることでしょう。

■まとめ

イマドキ男性たちは、非常に手堅いことがわかりました。彼の希望も踏まえつつ、彼女の希望とのバランスを意識できると良いですね。2人の金銭感覚を合わせていくためにも、ぜひ面倒くさがらずにしっかりと話し合ってみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数175件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]