お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

うわードン引き! 男性が「やめてくれ!」と思う女性の夏のデート服4選

ファナティック

デートに着て行きたいけれど、彼氏好みじゃなさそうで着られない洋服、ありますよね。そこで社会人男性に「どんな女性の夏コーデにガッカリするか」を聞いてみました。これに当てはまらなかったら、着て行っても問題なし?

■露出多めなコーデは引く

・「ノースリーブにホットパンツ。やる気満々な感じがするから」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「ホットパンツ?のようなすごく短いズボン。涼しいのだろうけど、他の男の視線が気になる」(26歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「ミニスカート・ざっくりVネック。エロい格好はしてほしくない」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

夏といえば露出が増える季節。ただし「彼氏を喜ばせてあげよう!」なんて上記コーデで行ってしまうと、逆に引かれてしまう可能性が!? 特に短いボトムスは嫌がる男性が多いよう。他の男性の視線に、彼女がさらされるのが嫌なのかもしれません。

■日焼け対策重視な暑苦しいコーデ

・「夏なのに、分厚い足元まである真っ黒のタイツを履いている。日差しを気にし過ぎて日焼け予防の為に、サングラス、日傘、手袋、ツバのめちゃくちゃ大きい帽子」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「長袖や長ズボン、とにかくなんか日差しを気にするような格好。暑苦しく見えるのが嫌」(31歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「黒などの重いカラーで肌が見えない感じだとちょっとガッカリかも」(32歳/その他/その他)

夏は紫外線対策が必須! ただデートに完全防備で行ってしまうと、男性はガッカリしてしまうよう……。デートでは美容よりも「いい思い出を作ること」の方が大事。普段はできないオシャレを目いっぱい楽しみたいですね。

■ひらひらしたお姫様系コーデ

・「ピンク系のヒラヒラしてるお姫様の様な格好」(26歳/その他/その他)

・「フリフリとか。夏にその格好はさすがに暑苦しい」(29歳/情報・IT/技術職)

重ね着が必要なお姫様系コーデは暑苦しく見えやすく、このコーデでいくと男性から引かれやすいよう。趣味や主張が強すぎる洋服は、そのジャンルが好きな人じゃないと「良さ」がわかりにくいのかもしれませんね。

■ジャージやスウェットは勘弁!

・「やる気のない服装(ジャージ系は勘弁してください)」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「スウェットや健康サンダルなんかの家スタイルはやめて欲しい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

せっかくのデートなのにジャージやスウェットなどの部屋着スタイルも、やる気がなさそうに見えてガッカリされやすいとか。女性だけでなく男性にも「ときめき」は必要。近所に出掛ける気分でデートに行くのは厳禁?

夏デートに着て行くのをためらってしまう洋服があったら、まずは上記男性ウケの悪いコーデに引っかかっていないか、確認するといいかもしれませんね。もし当てはまる要素があるなら、「着て行かない」のが正解かも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数401件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]