お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

聞きたくねーし! 男性がうんざりする女子の武勇伝9

ファナティック

たまにならいいけれど、毎回だとうんざりしてしまう自慢話や武勇伝。ただこれを話すのが好きな人は本当に好きで、耳にタコができる位聞かされることも……。そこで社会人男性に「聞いていてうんざりした女子の自慢話や武勇伝」について聞いてみました。

■元彼自慢

・「元彼がいかにイケメンかの話、どうでもいいわ! と思ったから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「恋愛自慢。今までこんな長身イケメンと付き合ったんだよ、みたいなことを言っているが、だから何だよと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

元彼がありえないくらいにイケメンだと、ついやってしまう自慢話。「あの彼氏を捕まえたのは、奇跡だったな」と思うほど、自分が誇らしくなって人に言いたくなってしまいますね。ただその話は、男性には不評な様子。女性同士だけにとどめておいた方がいいかも!?

■交際人数の自慢

・「今まで付き合った人の数。全然自慢になってないし、それだけ別れたということだから恥ずかしいと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自称経験が多い子。そういう子ほど色々下手」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「今まで何人の男に告白されたとかは、こちらの自信がなくなるから、あまり聞きたくない」(32歳/通信/技術職)

自慢なのに、男性が聞いたらまるで自慢に聞こえないのが交際人数とか。「それって……」といろいろ突っ込みどころが多いせいかもしれません。また男性自身にその経験がないと、女性に対して引け目を感じてしまうことがあるとか。

■お金持ち自慢

・「男性からいくら貢いでもらったという金銭絡みの話。金銭でしか男の価値を見ていないのかなと思える」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「お金持ち自慢。私では対応できないから」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

金銭がらみの話は生々しくて引かれやすいもの。プラス自慢となると「手に負えない相手だ」なんて思われてしまうよう。また考え方や価値観のちがいに違和感を覚えるという男性もいました。「お金」の話は要注意ですね。

■酒に強い自慢

・「酒に強い自慢。あまり女性で酒が強いのも引いてしまう」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「お酒を飲みすぎた」(30歳/医療・福祉/専門職)

お酒にまつわる武勇伝は人それぞれあると思いますが、あまり男性には披露しない方がいい? 女性らしさを感じられない話題なので、引いてしまう男性もいるよう。女性なら大笑いしてくれるネタが、男性に受けるとは限らない……ですね。

自慢話や武勇伝は単純に「すごいな」と思う話もあれば、聞いていてウンザリしてしまう話も。特に男性は、上記のような話題を出すと引いてしまいやすいよう。これから仲良くなりたい男性の前では、こんな話題は避けるのがベターかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]