お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男子が食べたいのは、どっち!? 「彼女のおにりぎ」VS「母のおにぎり」

ファナティック

おにぎり愛情がつまったお弁当の定番と言えば、おにぎりですよね。誰かが自分のためを思って握ってくれたおにぎりはとてもおいしいものですが、具材とご飯というシンプルなレシピなだけにこだわりがある人も多いのではないでしょうか。働く男性のみなさんに、彼女と母親、どっちが握ったおにぎりが食べたいと思うのか、気になる本音を聞いてみました。

Q.どちらのほうが食べたいと思いますか?

彼女や奥さんがにぎるおにぎり……66.4%
お母さんが握るおにぎり……33.6%

6割以上の男性が、彼女や奥さんがにぎるおにぎりのほうが食べたいと回答しました。では、それぞれの理由を見てみましょう。

「彼女や奥さんがにぎるおにぎり」派の意見

■愛情を感じるから

・「彼女が握ったおにぎりのほうが、気持ちがこもっていそうで食べたいと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「やはり愛する人のものがうれしいから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼女や奥さんが自分のために気持ちをこめて握ってくれることがうれしいという意見です。愛情はシンプルなおにぎりでさえもおいしくしてしまうのかもしれませんね。

■新鮮な気分で食べられるから

・「母親よりも新鮮さがある」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「母のおにぎりは小さい頃から食べているから」(28歳/商社・卸/営業職)

おにぎりはにぎる人によって味もかたちも中身もちがうもの。昔から食べ慣れた母親のおにぎりとのちがいに新鮮さを感じる人も多いようです。一言におにぎりと言っても、その味わいはさまざまですね。

「お母さんが握るおにぎり」派の意見

■食べ慣れた味だから

・「昔からなじんだ味なので、どうしても母親のほうが勝つ」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「小さい頃から食べ慣れていて、安心感があるから」(36歳/情報・IT/技術職)

やはり母親がにぎるおにぎりには変わらない安心感があるという意見です。育った家庭の味は年月を経ても忘れないもの。この記事を読んで、久しぶりに母親のおにぎりが食べたくなった人もいるのではないでしょうか。

■なぜか豪華な母親のおにぎり

・「経済力で高い具を入れてくる(笑)」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「豪華なおにぎりにしてくれるから」(36歳/学校・教育関連/専門職)

おにぎりのお楽しみと言えば、中に入っている具材ですよね。食べるまでは分からないため、自分の好きな具材が入っていたときはとてもうれいしもの。一見、経済的な食べ物にも思えますが、具材にこだわるとなればそれなりにお金がかかってしまうようです。

■まとめ

おにぎりは直接手で触れて作るものであるため、作ってもらえることはうれしい一方で、信頼できる人が握ったものでなければ食べたくないという人も多いのかもしれませんね。彼が慣れ親しんだ母親の味を超えることは難しいかもしれませんが、彼の好みをよく把握しておいしいと思ってもらえるおにぎりを作りたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]