お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

もー、ヤダーーー!! 男性が心底「帰りたい……」と思った合コン4パターン!

ファナティック

出会いを期待して行っても、必ずしも毎回楽しい時間になるとは限らない合コン。中には楽しさを感じることができず、早々に帰りたいと感じることもありますよね。働く男性が経験した早く帰りたいと思う合コンのエピソードを詳しく聞いてみました。

■空気が重い

・「場の空気がなんか重くて、盛り上げようとしても空回りしまくったとき」(38歳/情報・IT/技術職)
・「話が盛り上がらず暗い雰囲気でどんより」(29歳/情報・IT/その他)

話が盛り上がらないだけならまだしも、重苦しい空気ではその場にいる誰もが早く帰りたいと思うことでしょう。盛り上げようという必死の努力もむなしいだけ。たった数時間の合コンがとても長い時間に感じてしまいそうですね。

■興味を引く女性がいない

・「好みの異性がいないときや、相手の価値観が合わないと思ったとき」(35歳/情報・IT/技術職)
・「第一印象のいい子が一人もいなかったとき。興味のない子に言い寄られたとき」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

行った瞬間に「今日ははずれ」と認識してしまったときもそれ以降の時間を楽しむのは難しいようです。合コンの盛り上がりは参加メンバーにかかっていることを実感させられる意見ですね。

■不快な話題ばかり

・「下ネタや資産の話ばかりの下品な感じの合コン」(35歳/機械・精密機器/技術職)
・「合コンの経験があまりないが、人をさげすんだり、いじりが過ぎたりしたとき。またはしゃべらなすぎ」(31歳/医療・福祉/専門職)

合コンでの話題はある程度吟味する必要があります。盛り上がれば何でもいいというわけではありません。お互いに初対面であるからこそ、誰もが楽しめる話題を提供する気遣いが必要ですね。

■やる気がなさすぎる、あるいはありすぎる

・「合コン相手がずっとケータイを触っていたとき」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「女の人が彼氏を作ろうと必死すぎて、がっついてくるのが伝わるとき」(35歳/学校・教育関連/専門職)

たとえ人数合わせのための参加でも、参加するからにはやる気のない態度は厳禁です。逆に出会いに貪欲な態度も男性から引かれてしまう原因になってしまうよう。それぞれに事情があるのはわかりますが、その場の空気に合わせることも大切ですね。

■まとめ

合コンは気心知れた相手との飲み会とはまったく性質が異なるもの。何かを気を使うことも多く、純粋に楽しめないときがあっても不思議ではありません。ですが、みんながそんな気分になってしまったら、せっかく開催した意味がなくなってしまいます。その場の空気を悪くする行為は慎み、可能な限りみんなが楽しめるよう気遣うことも大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]