お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

既読スルー撲滅! LINEの頻度と内容で男心を操るコツ

ゆうきゆう

男性心理に基づいたLINEテクニック

男女の間には、コミュニケーションの取り方や目的に違いがあることがわかりました。

それでは付き合う前、片思い中の男性にLINEを送るときは、具体的にどんな内容にすればいいのでしょうか。LINEのテクニックについて、ゆうきゆう先生に教えていただきました。

最初のLINEの送り方

付き合う前に送るべきLINE内容とは?

最初のLINEでは「気になっていた」「話してみたかった」という内容を、簡潔に丁寧な言葉で伝えるのがベストです。

メッセージを送るタイミングとしては、LINEの連絡先を交換した「当日の夜」か「翌日」がよいでしょう。

LINEに「これから仲よくしてくれるとうれしい」といった言葉を添えて、短文で1~3通くらいに分割して送ってください。

褒め方

LINEで男性を褒める場合、短文でピンポイントに褒めることが大切です。女性はついシチュエーションや自分の感情を盛り込んでしまいがちですが、 文章が長くなると男性は読みたくなくなってしまいます。

ポイントは、最初に自分の感情を伝えてから「いつ・どこで・なにをしたか」を具体的に伝えることです。

付き合う前に送るべきLINEの内容とは?

たとえば「○○君って、本当にやさしいよね!」に対して「ありがとう」と返信が来た場合、そこに重ねて「うん! 今日、会社で頑張れって言ってくれて、すごくうれしかった。少し疲れてたから元気が出た。ありがとう!」というような感じで返しましょう。

相談の仕方

LINEで相談を持ちかけるときは、すべてをLINEのやり取りだけで終わらせようとしないでください。説明が長くなりすぎたり、やり取りが長引いたりすると、男性が負担に感じる場合があります。

LINEでは簡単なやりとりだけ済ませて、具体的な相談は電話や直接会ってするのがベストです。また、相談内容についても軽いものにしておきましょう。深刻すぎる相談や、男性の得意分野ではない相談だと、男性がイライラしてしまう可能性があります。

そして、相談が終わったら、必ず相手にお礼を伝えてください。結果的に相手のアドバイス通りに行かなくても、「○○に聞いてもらえたから、すごくホッとした」という言葉を伝えることが大切です。相談しっぱなしにしないようにしましょう。

次ページ:やり取りで使えるLINEテクニック

SHARE