お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

女子の心の声! デート終了後の「送るよ」はうれしい? 下心感じてやだ?

ファナティック

気になる人とデートに出掛けたときは、つい今後のことを考えて、彼をチェックしてしまう人もいるのではないでしょうか。細かい気配りができるか、思いやりがあるかといったところは、付き合うかどうかにおいて、とても大切になってきますものね。そこで今回は、デート終了後に男性が送ってくれるといった場合の心理について、働く女性にアンケート調査してみました。

Q.デート終了後の「送るよ」はうれしい?

「うれしい」……30%

「面倒くさい」……14%

「下心を感じていや」……7%

「相手による」……26%

「どちらとも言えない」……23%

デート後に送ってくれる気衣をづかいしてくれる男性に好意を抱く人は、およそ3割という結果に。みなさん、どのように感じられているのでしょう。

■「うれしい」

・「気づかってもらえているように感じるから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「心配してくれてるし、最後まで一緒にいられるのがうれしいから」(24歳/金融・証券/営業職)

・「少しでも一緒にいたいのかなと思う」(26歳/不動産/秘書・アシスタント職)

デート後に送ってくれるのは、素直にうれしいですよね。帰り道が心配というのもあるかもしれませんし、最後まで一緒にいたいというのもあるかもしれません。どちらにせよ、男性の気持ちが感じられますよね。

■「面倒くさい」

・「気を張って疲れてるはずなので、放っておいてほしい」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「ひとりで帰りたいし、帰宅途中に店とか寄りたいから」(27歳/建設・土木/技術職)

・「人といるのは多少なりとも疲れるので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

デートにいくと、どうしても相手に気をつかって疲れてしまうもの。帰りくらいはひとりでのんびりと帰りたいと思うのも仕方ないですよね。

■「下心を感じていや」

・「ひとりで帰れるので送ってほしくない」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「部屋に入りたいのかなと思ってしまうから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「家までついて来られたくないため」(25歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

家まで送られるのはイヤな女性も多いようです。もしかして相手は心配してくれているだけかもしれませんが、逆に送られるほうが下心を感じて心配なこともありますものね。

■「相手による」

・「好意を持っている相手だったらうれしいが、そうでない相手は迷惑」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自宅を知られたくない相手もいるのでイヤだと思うことがある」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「相手にもよるが、何となく下心を感じてしまうので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

デートのときの気分や、相手によってもちがってくるのかもしれませんね。まだ付き合うかどうかを決めていないのなら、家を知られたくないという場合もあるようですね。

■まとめ

どんなデートかによっても変わってきますが、大抵の場合は帰りが夜になることが多いですよね。その場合、「夜遅ければ気をつかってくれたのだと感じ、うれしい」(31歳/その他/事務系専門職)や「夜は送ってほしい」(30歳/学校・教育関連/専門職)のように、送ってほしい女性も多いようです。女性の身を心配してくれる男性のほうが、やはり理想的ですものね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月22日~6月27日
調査人数:163人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]