お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

一度〇〇してみれば? 男性が送る、結婚したくない彼氏を持つ女性への4つのアドバイス!

ファナティック

結婚と恋愛とは別で楽しむ人もいますが、できれば好きな人と結婚したい人は一致させたいですよね。もし結婚願望のない男性と付き合っている女友だちから「彼が結婚してくれない」と相談された場合、どんなアドバイスをしますか? 男性のみなさんに聞きました。

■逆プロポーズを実行!

・「自分から結婚したいと伝えればよいと思う」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「逆プロポーズを提案。今後増えそうだから」(26歳/金融・証券/専門職)
・「一回結婚してと言ってみればと言う。それがダメなら別れてみればと言う」(37歳/その他/その他)

プロポーズできるのは男性だけではありませんよね。彼に結婚願望がないのか、単なる優柔不断なのかあいまいなときに実行するといい作戦かもしれません。

■結婚の良さを知らせる

・「もっと自分が納得するまで攻めるべき」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「少しずつ説得していくしかないと言う」(30歳/運輸・倉庫/その他)
・「式場などといった場所に連れて行き、彼の反応を見てみるといいと言う。披露宴や同居などを検討してみると、男性がその女性に対してただの遊びなのか、または結婚を意識しているのかがわかると思う。男は待っていても何も行動を起こさない人が多いから、じらしてみるのが一番いいかも」(37歳/建設・土木/技術職)

同棲をすると、結婚のありがたさが薄れがちになります。その場合は共同生活以外のメリットを伝えるようにするといいかも。気持ちを押しつけすぎないのがポイントになりそうですね。

■待ってみる!

・「焦らないでじっくり話していくのがベスト」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「男は自由が好きだから、もう少し待ってみたほうがいいと言う」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「待つように進める。結婚のタイミングくらいで理想のパートナーと別れてしまうのはもったいないから」(36歳/建設・土木/技術職)

急かされるとイヤになることもありますよね。男性は結婚適齢期が女性より広いのでイライラすることもあるかもしれませんが、待っていればうまくいくかも?

■結婚と恋愛を分ける!

・「結婚がしたいのか、彼と一緒にいたいのか、どちらが自分にとって大切かを聞いて、その通りにするべきと話すかも」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「結婚が本当にしたいならほかを勧める」(39歳/情報・IT/営業職)
・「結婚がしたいだけなのか、彼とずっと一緒にいたいのかを考えよう。結婚したいだけなら他の男を捜せばいいし、彼とずっと一緒にいたいなら、結婚は諦めろ」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

多くの女性にとっては、子育てをするために男性の援助が必要です。結婚願望の先に子どもを持ちたい気持ちがあれば、別れも視野に入れたほうが、お互いのためになりそうです。

■まとめ

とはいえ、一緒にいたいと思う相手が、自分と結婚してくれなさそうなことに困っているのですよね。今の法律や制度としては、異性と一緒に暮らすには、婚姻関係があると生活がしやすいものです。女友だちには、そういう気持ちも含めてアドバイスしてあげるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]