お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

うぅ、わかんないよー! 彼氏んちのお泊まりデートで困ったこと・4選

ファナティック

彼とのデートを楽しみに、毎日の仕事をがんばっている人も多いのでは? あまり会うことができないと、彼の家や自分の家でお泊まりデートを楽しめそうですよね。そこで今回は社会人女性のみなさんに、お泊まりデートで困ったことについて、お話を聞いてみました。

■彼が起きない

・「相手がなかなか起きない。起こすのも忍びないし、ちょっと困った」(33歳/不動産/専門職)

・「相手がいつまでも寝ている」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「いつまでも起きてこなくて暇だった」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

彼は自分の家だからゆっくり寝ることができても、こちらにしては他人の家になるので落ち着かないもの。早く起きても彼が起きてくれないと、何をしていいか困りますよね。

■お風呂

・「お風呂の設定がよくわからず、熱湯風呂になってしまった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「お風呂が汚かった」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「シャワーがいつまでもお湯にならなくて困ったけれど、裸になっていたので恥ずかしくてそのことを彼に言えなくて、そのまま冷たい水を浴びた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

彼の家のお風呂だと、使い方がよくわからない場合も。すぐに彼に確認できれば一番ですが、裸になってしまっていると、彼を呼ぶのも恥ずかしいので、困ってしまいますよね。

■トイレ

・「トイレのカギの締め方が、わからなくて困りました。いつも入るときにひと声かけていました」(24歳/金融・証券/営業職)

・「トイレを使うのが恥ずかしい」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「実家の人だとトイレも行きづらい」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ひとり暮らしをしていると、トイレの音が丸聞こえになることもあるので、使うときも気をつかいますよね。かといって水を流しながら用を足していると、もったいないと思われそうですものね。

■自宅とルールがちがう

・「相手と習慣が異なること。自分がやらないことをやられて、イライラしてしまった」(26歳/自動車関連/技術職)

・「自分の家と勝手がちがうこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「相手の家で勝手がわからず、飲み物を飲みたいけど、どのコップで何を飲んでいいのかがよくわからなかった」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

何をするにも自宅とは勝手が違うので、一つずつ確認しなくてはいけないのも面倒ですよね。自分の家では当たり前に常備しているものが、彼の家には置いていないこともあるようです。

■まとめ

楽しいお泊まりデートでも、いろいろ困ることがあるとケンカの元になってしまうもの。中には「どこまでくつろいでいいのかいつも困る」(32歳/金融・証券/事務系専門職)といった意見や、「どこまでリラックスしていいのか迷います」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)というように、人の家だから落ち着かないという人もいるようです。一緒に暮らしていない限り、心の底からくつろげることはないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです
※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~6月28日
調査人数:175人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]