お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

誘われた合コンが当日キャンセル! 6割以上の女子が「その人とは合コンをしない」!?

ファナティック

合コンには、「参加メンバーの調整」や「お店の予約」など、さまざまな準備が付き物です。いざ当日を迎えて、相手のほうから「キャンセル」と言われたら……やはりガッカリしてしまいますよね。今回気になるのは、女性たちの「その後」について。ドタキャンした男性陣に、もう一度チャンスは与えられるのでしょうか。女性たちの本音を、こんな質問で調査しました。

Q.相手から「合コンしよう」と声をかけてきたけど、当日に「急用が入ってしまった」とキャンセルされた場合、どうしますか?

「その人とは合コンをしない」……66.2%
「あらためて別日に合コンをセッティングする」……33.8%

「その人とは合コンをしない」と答えた方が、6割以上という結果になりました。それぞれの理由も教えてもらいましょう。

<「その人とは合コンをしない」派の意見>

■信頼度ゼロ

・「ドタキャンするような人は基本的に無理」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「ドタキャンするような人は次もまたやるから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)
・「利用されている感じがするから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

平気でドタキャンをする男性は、その時点で信頼度ゼロ! そんな人との合コンは、女性のほうから願い下げかもしれませんね。再度開催したところで印象は最悪。盛り上がるのは難しいかも?

■面目が立ちません

・「軽く見られてる、失礼だし仲間に申し訳ない」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「こちらも人を集めているのに誠意を感じないから」(34歳/情報・IT/技術職)

合コンということは、自分一人だけの問題ではありません。せっかく集めた女性陣にも、失礼をしてしまうことに……。せっかく空けたスケジュールは、女子会へと自然移行!? 話題のネタは……もちろん「本日の愚痴」ですよね。

■その心は?

・「向こうもあまり乗り気じゃないのに気づいたから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

相手のことを本当に思いやるなら、「当日ドタキャン」以外にも方法はあったはず。それがないということは、女性たちが察しているとおりなのかもしれません。女性のプライド的にも、「二度目」のチャンスはあり得ないのでしょう。

では次に、少数派意見も紹介します。

<「別日に合コンをセッティングする」派の意見>

■社会人ですから

・「仕事なら仕方ないと思うから、一度なら許す」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「お仕事はやむをえない理由です。だから仕方ないと思うから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

同じ社会人として、仕事の事情は理解してあげたい!という意見が目立ちました。逆の立場でもあり得る話ですから、「一つ貸し」ということで、サラリと受け流す女性もいるようですよ。

■条件付きで

・「その相手によるけれど、いい条件だったら」(24歳/食品・飲料/技術職)
・「気になる人なら後日またする」(35歳/情報・IT/販売職・サービス系)

せっかくの合コン! たった一度の失敗で、ハイグレードな男性たちを逃すのはもったいない!という、女性たちの計算あふれる意見も目立ちました。

■まとめ

合コンでの出会い自体が一つの「縁」。当日ドタキャンの場合「もともと縁がなかったもの」と判断されることが多いようですね。男性陣によほどの誠意と魅力がない限り、挽回は難しい! 合コンの当日キャンセルは、慎重に行ったほうがいいのかも……?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]