お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

間が悪すぎ……!? 女性にとってうれしくない告白のタイミング・4選

ファナティック

同じ職場や学校で気になる人がいると、相手が自分のことをどんな風に思っているのか気になってしまうもの。もし相手も自分を好きでいてくれたら、それほどうれしいことはありませんよね。そこで今回は、間が悪いというか、自分にとってうれしくないタイミングの告白について、女性のみなさんにお話を聞いてみました。

■もう彼氏がいる

・「すでにお付き合いを決めた人がいるときに、アピールされたとき」(28歳/医療・福祉/その他)

・「すでに付き合っている人がいたとき。しばらく二股をかけていた」(26歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「惰性で付き合ってる彼氏がいたとき。もちろんすぐ振って気になる男性と付き合った」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

既に彼氏がいる場合、その対応もいろいろなようです。二股に発展したり、また、現在の彼と別れて、その男性と付き合うなど、気になっている男性のほうが、優先順位を高くしている女性もいるようですね。

■悩みがあるとき

・「仕事の人間関係ですごく悩んでいるときに告白された。正直、今はそれどころじゃないと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ほかのことで悩んでいるときに、向こうが盛り上がって告白してきて、頭がついていかなかった」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自分の体調が悪かったり、飼い猫の体調が悪かったり家出してるとき。それどころじゃないから考えられない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

悩んでいたり、気分が落ち込んでいたりするときの告白は、さすがに間が悪いですよね。うれしいはずが、それどころではない状況であると素直に喜べませんよね。

■友だちとかぶっている

・「友だちがその男性のことを好きになってしまった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「友だちが『あの人のことを好きなの』と言っている男性から告白されたとき。あー……、友だちになんて言い訳しようかなーと思いました。でも、友情よりは男を取ります」(27歳/建設・土木/技術職)

・「先日、友だちに同じ人が気になってると聞かされてからの告白をされたときは、マジかと思いました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

告白した男性のことを友人が好きだったとわかってしまうと、難しいですよね。女友だちよりも男性をとる女性もいれば、その逆の場合もありそうです。どちらを選んでも、後味はあまりよくないかもしれませんね。

■仕事をがんばりたい

・「仕事に気力を注ぎたい時期だったとき」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「仕事が忙しいときです」(28歳/その他/その他)

・「仕事をがんばりたいタイミングでの告白」(25歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

仕事に集中しているときは、あまり恋愛には力を入れられない女性もいますよね。最近は女性の活躍の場も増えているので、そういった女性も多いのではないでしょうか。

■まとめ

ほかの意見としては、「ないですねー。いつでもどこでもうれしいものじゃないですか」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)や「うれしくないタイミングはない。告白されたらうれしいから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)のように、間の悪いタイミングはないという女性もいます。確かにきになる男性からの告白は、どんな状況であってもうれしいことに違いはないですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月22日~6月27日
調査人数:163人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]