お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

キスとハグじゃ物足りない? 「自称・バカップル」の過剰なやりすぎスキンシップ

ファナティック

カップル彼とラブラブなときは、ペアのアイテムを持ったり、二人にしか分からないあだ名で呼び合ったりすることもあまり抵抗がないのではないでしょうか。今回は「自分たちってバカップルかも?」とふと思ったエピソードについて、女性のみなさんに聞いてみました。

■おそろいのアイテム

・「おそろいをたくさん持っていた」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「色ちがいの洋服を着て街を歩いたこと」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ストラップなどおそろいのものをたくさん持っていた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

多かったは洋服やストラップなど、ペアのアイテムを持っていたというエピソードでした。ペアリングやストラップは定番ですが、色ちがいの洋服を着て街を歩くのは、ちょっと勇気がいるかも?

■呼び名のあれこれ

・「ダーリンと呼んでいたとき」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「付き合った当初に、『姫』『ダーリン』と呼び合っていた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「2人だけにしか分からないあだ名で呼び合っているとき、そう思うことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

お互いのことを「ダーリン」「姫」と呼び合うなど、呼び方を変えていたというエピソードもありました。2人だけしか分からない呼び名は、特別感があるので二人の仲も盛り上がりそうです。

■人目を気にせず

・「駅改札付近で、酔っぱらってずっとキスしていたこと」(31歳/金融・証券/専門職)

・「電車の中で見つめ合って騒いではいないけど、キャッキャしていたこと」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「デートに行くとどこでもすぐ二人の世界に入ってしまうこと。外でも平気でイチャつくし、人前でのキスも全然平気」(29歳/機械・精密機器/技術職)

駅の改札や電車の中などで、人目を気にせずにイチャイチャするという人も多いようです。どこにいても2人だけの世界に入ってしまうのは、はたから見ると、完全に「バカップル!」と思われそうですね。

■にゃんにゃん言葉

・「にゃんにゃん言ってる」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「2人のときは語尾に『にゃん』とつけて会話する」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

ほかには「語尾に『にゃん』とつける」など、にゃんにゃん言葉を使う人もいるようです。まわりに人がいるときはともかく、2人でいるときは甘えられるので、にゃんにゃん言葉を使うのも気にならないですよね。

■まとめ

「自分たちはバカップルかも」と思ったエピソードについて、いろいろなものが寄せられました。ペアアイテムや呼び方、2人の世界に入ったり、にゃんにゃん言葉を使ったりと、ラブラブで楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。ギスギスした関係よりも「これってバカップルかも」と思えるくらいが、幸せなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]