お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

それ、ホント不快だわ~! 男性が嫌いな「女性のしぐさ」4つ

ファナティック

しぐさひとつだけでモテたり、モテなかったり……。見ていないようで、実は細かい部分までしっかり見ている男性。女性の振る舞いや言動を見て、「嫌い」だと感じることも多いのかも? そこで今回は、社会人男性に「嫌いな女性のしぐさ」について聞いてみました。

■髪の毛の枝毛をチェックするしぐさ

・「髪の枝毛をチェックする。話している最中にされると話が嫌なのかと思うから」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分の髪の毛をやたら触るクセ。落ち着かない」(39歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ずっと髪の毛をいじる。お互いにつまらないだろうと思ってしまう」(35歳/自動車関連/その他)

髪の毛の枝毛をチェックするしぐさは、「つまらなさそう」とか「話に興味なさそう」なんて思われやすいしぐさなのだとか。たしかに暇を持て余したときに出やすいしぐさですよね。男性の前でこれをやると、露骨に「つまらない」と思っていることが伝わってしまうのだとか。

■ため息、独り言、舌打ちは不快な印象

・「ため息。自分だけが大変みたいなアピールに思える」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「独り言や舌打ち。対象が誰であっても不愉快な気持ちになるから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ため息。こっちも嫌な気分になる」(36歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

何か深い考え事やネガティブな気持ちを抱えていそうに見えるのが、ため息、独り言、舌打ちなどのしぐさ。それらをあからさまに見せられると、男性に対して「不平や不満」を持っていそうに見えるよう。

■ガニ股で歩くこと

・「仕草ではないかもしれませんがガニ股で歩くのは好きではないです。理由は女の子っぽくないので」(31歳/自動車関連/技術職)

・「ガニ股で歩く人。恥ずかしくて、一緒に歩けない」(39歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

あまり人から見られていない気がして、つい油断があらわれやすいのが歩き方。特にガニ股歩きは一緒に歩く男性から見て、とても恥ずかしいのだそう。内面の男らしさがにじみ出てしまうのかも……?

■馴れ馴れしいボディタッチやぶりっこなしぐさ

・「馴れ馴れしく体に触れすぎる人。肩だけでなく太ももに手を置いてきたり、胸を腕に押しつけてきたりをいろいろな人にしてるのを見たとき」(27歳/その他/営業職)

・「ぶりっこな態度。そういうことをする女性に限って性格が悪いから」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

男性ウケを狙いすぎているボディタッチやぶりっこなしぐさも、見ていて品が感じられないしぐさ。女らしいしぐさは武器になりますが、露骨すぎると引かれやすいもの。ここぞ! というときだけに絞ったほうがいいしぐさかもしれません。

<まとめ>

あんまり女性の細部までは見ていなさそうに見える男性ですが、気になる女性となると細かいところまで、きちんとじっくり観察する男性も多いよう。せっかくやってきた恋のチャンスを逃さないためにも、男性の前でのしぐさには、ぜひご注意を!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月16日~2016年6月17日
調査人数:376人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]