お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ほかの女子を優先、LINEを既読スルー。女子が「もう私を好きじゃないのかも」と寂しくなるとき4つ!

交際期間が長くなるとやってくるのがマンネリ。時間の経過とともに、付き合いはじめの新鮮さやドキドキが少なくなってしまうのは、しょうがないこととはわかっていても、やはり彼女としては辛いですよね。そんなときに、彼からこんなことをされてしまったら、「もう、私のことを好きじゃないのかも……」と一気に不安マックスに! 働く女性たちに「もう、私のことを好きじゃないのかもしれない」と寂しくなってしまう、彼の言動を教えてもらいました。

■連絡が減った

・「LINEが既読スルーばかりになったとき。もう自分に興味がない現れだと思うから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)
・「連絡をよこしてくれない。毎日連絡をくれる彼だから、1日でも連絡がないと嫌いになったかなと心配してしまう。」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「LINEの反応が急に遅くなる。今までのペースから変わってしまうと、不安になるから」(27歳/自動車関連/営業職)

仕事やプライベートの用事で忙しかったりするのはしょうがないことですが、それまであった連絡が急にパタッとやんでしまうと、女子は不安になるのです。「毎日1回はLINEする」など、2人でルールを作ってしまう?

■気にしてもらえなくなったとき

・「心配しなくなった。前が、体調が悪かったり、私が機嫌悪いと心配したのに、何もしなくなったとき」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「誰とどこへいくのか、確認しなくなったとき。自分がそうだから、気にしてもらえてないのかと不安になる。」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「『どっちでもいい』という返事が増えてくること。こちらに無関心になってきているのかなと感じる。」(25歳/食品・飲料/専門職)

自分の言動や変化を華麗にスルーされてしまうと、「私に興味がないんだ……」と衝撃を受けますよね。体調が悪いのに心配されないとなると、もう、そこに彼の気持ちは完全にないのかもしれません……。

■私じゃなくてもいいみたい

・「連絡の頻度や、エッチに誘う回数が減ってきたとき。同棲した彼で、同棲する前は必ずエッチに誘ってきてくれていたのに、同棲したらまったく誘ってきてくれなくなったこと」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「私より他の女の子との約束を優先したとき。私とのデート後に他の女の子との予定があるのは了承済みだったが、その子が早く来れることになると私とのデートを切り上げて、そちらに向かった。」(29歳/印刷・紙パルプ/その他)
・「『婚活してもいい?』と冗談で聞いたら、『いいんじゃない』と返ってきたとき。嫉妬してくれるかと思ったらその返事でガッカリしました。」(33歳/その他/クリエイティブ職)

これは、2人が別れてしまう理由にもなりそうですね。彼女の自分よりも他の人(女性)を優先するには、それなりの理由があるとは思いますが、それが頻繁にあると、ほかの男性を探したい気持ちにもなってしまいそう。

■こんなときも……

・「誕生日をきちんと祝ってくれないとき。誕生日なのにケンタッキーに連れて行かれた。」(28歳/商社・卸/技術職)
・「別れ際にさっと帰る。なんとも思っていないんだな。って思うから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「テンションが低いとき。デート中にテンションが低い。なえるので演技でも楽しそうにしてほしい」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ムリして自分に付き合ってくれているのがわかる言動も、女子の気持ちを傷つけます。「私と一緒にいても楽しくない」と感じると、寂しさが先行して、2人で雰囲気が悪くなってしまいそう。

■まとめ

男性は何気なくしていることでも、彼女にしてみたら、「もしかしたら、これは危険信号なのかも?」と思ってしまうことがたくさんあるようです。ここで、無理して笑って場を盛り上げられる女性もいれば、トコトン落ち込んでしまう女性もいるので、彼女の気持ちを量るのは、少し難しいかもしれませんが、たまにはちゃんと彼女と向き合ってあげてくださいね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22歳~35歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]