お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女子にも下心あり? 合コンや飲み会がある日は勝負下着を見につける派●●%

ファナティック

ねこみなさんは勝負下着を持っていますか? 持ってはいるけど、なかなか勝負をする機会がないという人も多いかもしれません。では、合コンや飲み会などの出会いの場に勝負下着をつけているという女性はどれくらいいるのでしょうか。アンケート調査で本音を探ってみました!

Q.合コンや飲み会など、男女の出会いの場に行くとしたら、念のため、勝負下着を身につけていきますか?

はい……26.4%
いいえ……73.6%

「はい」と答えた人は3割ほどでした。なぜなのでしょうか。それぞれの意見をくわしく見て行きましょう。

<勝負下着をつける派>

■気合いを入れる

・「もしものためと、自分に気合いを入れるために」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「勝負下着は運気を上げると聞いたから」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

・「気分がシャンとするので、テンションを上げるために身につける」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

オシャレな服を着ると気持ちも高まりますが、それは下着でも同じことのよう。勝負下着を身に着けることで気合を入れるという女性は多いようです。

■いざというときのため

・「万が一のチャンスを逃したくないので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「どんな素敵な人に出会ってどんなことになるか分からないので、念のため」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「いつも何が起こってもいいように常に勝負下着なので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

出会いの場に行くからには、もしかしたら勝負する機会があるかもしれない、ということでいざというときのために着ておくという意見も多数見られました。

<勝負下着をつけない派>

■お持ち帰りはナシ

・「お持ち帰りはあり得ないから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「合コンや飲み会など、初対面で勝負することはないから」(32歳/生保・損保/営業職)

・「その日のうちにそういうことには絶対にならないので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

出会った当日に関係を持つことに嫌悪感を持つ女性は少なくないよう。その日にお持ち帰りはさせるつもりはないので付けて行く必要がない、という意見が多く見られました。

■その気にならないように

・「あえて気がゆるまないように」(34歳/情報・IT/技術職)

・「その気にならないようにするため」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「そのままお持ち帰りなことになりたくないから、下着はあえて勝負でない下着」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

またそういう関係になってしまわないように、あえてつけていかないという意見も見られました。今日は見せられる下着じゃない、という気持ちがストッパーになるようです。

■持っていない

・「そもそも持ってないから」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「特に持っていないから。普段通りで行く」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「特に勝負下着というのがない。普段から普通のセットの下着」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

そもそも勝負下着をもっていないという女性も多くいるようです。そういう場合は普段どおりや、いつもよりちょっとかわいい上下セットで行くのだそう。

■まとめ

なかには、出会いの場とは関係なく、いつでも勝負下着をつけて常に臨戦態勢でいるという女性もいるよう。勝負下着に対する考えは女性によってさまざまなようですね。デートや出会いの場で自分がどこまで進みたいか、進んでもいいかに合わせて下着をチョイスするのもいいのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数129件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]