お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

私 結婚したいのに、できないんです! 女子の実態とは……

ファナティック

世の中に独身が増え、子どもが少なくなり、もしかしたら「結婚願望を持つ人そのものが、少なくなってきたのかも……」と思ってしまうことも。働く女性の内、結婚願望を持つ人の割合はどの程度いるのでしょうか? 聞いてみました。

Q.女性に質問です。あなたは結婚願望はありますか?

ある……72.5%
ない……27.5%

今回のアンケートでは、結婚願望を持つ人の割合は7割以上という結果に。結婚願望を持つ人はけっこういるようです。ただもしかしたら、この割合、昔に比べて少ないなんてこともあるのでしょうか。ひとまずどうしてそう思うのか、理由を聞いてみましょう。

■一生独身はさすがに……

・「一生独身なのは世間の目もあるし、嫌だから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「一生一人はやはり寂しいかなと思うから。親が健在のうちはいいけれど」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

・「いずれは結婚したい。ずっと一人でいるのは病気になったときとか不安」(33歳/学校・教育関連/専門職)

今はまだ独身が気楽だとしても、一生という長いスパンで考えてみると不安がいっぱい。この不安を感じずに済むなら、結婚のしがいがあるというもの? また、親孝行のためにも「両親が生きているうち」がいいですよね。

■最愛の人に出会い、愛されたい

・「最後まで寄り添いたいと思う人に出会いたいから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「一度は愛されたり理解されたい願望から」(35歳/小売店/クリエイティブ職)

・「最愛の人がいるので、一緒に人生を歩んでいきたい」(32歳/学校・教育関連/技術職)

どうせ生まれてきたのなら、最愛の人に出会い、愛し愛されるという経験をしたいもの。ただこの経験、なかなか簡単にさせてもらえないのが人生……。自分から出会いに行ったり、周りの人を理解しようという姿勢が大事かもしれません。

■一方、結婚に消極的な女性も

・「家庭的な部分が自分に一切ないので、共同生活する自信がない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「人と一緒にいるとストレスだから」(25歳/建設・土木/技術職)

結婚や家庭も、大まかに考えれば人間関係のひとつ。普段、仕事でほとほと悩まされているものに、家に帰ってからも悩まされるなんて考えられない!? 結婚して相手が「他人」から「家族」になる瞬間って、どのくらい待てば訪れるものなのでしょうか。

■結婚相手の「家族」との関係が面倒くさい

・「相手と結婚するのは良いけど、相手の家族や親戚とも関係を作らないといけないというのが、生来の親族も苦手な自分にはすごく負担なことに気付いたから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚は二人だけでなく家族とかも関係を作らないといけないので大変そうだから」(34歳/その他/その他)

また結婚相手の家族との関係が面倒くさく、結婚に乗り気になれない女性もいるよう。昔ほどには、つきあいにうるさい家庭は少なくなってきたものの、うるさいところはうるさいし心配ですよね。

結婚のマイナス面を思うと乗り気になれないという女性もいますが、今のところ多くの女性は「結婚したい!」という願望を持っているよう。あとは一日も早くこの願望が実り、結婚が現実のものとなることを願うばかり、ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数182件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]