お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お前が言うなよ! と思った友人からの恋愛アドバイス 「痩せたほうがいいんじゃない?」ほか

ファナティック

何かにつけ、他人にアドバイスをしたがる人がいますが、時には上から目線だったり、自分はどうなの? と言いたくなるような発言にいら立ってしまうこともありますよね。社会人の女性に、友人からの恋愛アドバイスに突っ込みたくなった経験を聞いてみました。

■自論展開型

・「恋愛経験が多くないのに、一人前に男は……と持論を聞かされイライラした」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「彼氏がいない友人に普段化粧をしない友人から化粧や服装のことでいろいろ言われたときはそう思いました。男は薄化粧が好きとか言ってましたけど、普段化粧しないやつには言われたくないです」(24歳/通信/営業職)

「男はこういうもの」と決めつけて、その型にはめるようアドバイスするタイプです。それを本人が実践しているならともかく、実践もせず、実績も作らずにアドバイスしても説得力に欠けてしまいますね。

■他人の幸せ否定型

・「初めて付き合った人と、そのままゴールインした友達に、ほかにいい男いっぱいいるよと言われた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ずっと彼氏がいない友人に、結婚するなら今の彼は向いてないとダメ出しされたとき」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

幸せそうな友人に対して、その幸せを否定してちがう恋愛を勧めるタイプです。友人への嫉妬心も見え隠れしている上、アドバイスも大して中身のある内容ではないので、煙たがられる存在になってしまうかもしれません。

■自分のことは盲目型

・「痩せた方がいいんじゃないとぽっちゃりの子に言われた」(32歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「あの人は性格が悪いから、とさして性格がいいとは言えない友人に言われたこと」(24歳/金融・証券/営業職)

「自分の姿を鏡に映してから言って」と言いたくなるような言葉を気後れすることなく発するタイプです。自分のことがよく見えていないだけに、イタイ人認定されてしまう可能性もあるでしょう。

■恋愛評論家型

・「ダメンズばかりに引っかかるのに、他の子の彼氏や気になる人を色々と論評する子」(28歳/金融・証券/営業職)

・「胸の大きな女友達から、男に好かれる振る舞いのコツのようなものを教わった。男が寄ってくるのはそれが理由じゃないと思うが……」(25歳/食品・飲料/専門職)

そんなことを他人にアドバイスしているくらいなら、自分の恋愛をもっと考えたらいいのにと思われるタイプです。とにかく評価して論ずることが好きなので、男を品定めしている感も拭えず、無駄な駆け引きに疲弊している場合も多いでしょう。

■まとめ

本人は友人のことを思って言っていたとしても、他人の恋愛に首を突っ込むのはたいていの場合、大きなお世話だと捉えられてしまいます。友人の恋は素直に応援する心の広さを持ちたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性167件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]