お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

彼女に「同棲」の過去があったら……○○%の男性が「嫌」と回答!

ファナティック

「結婚で失敗したくないから」という理由で、結婚前の「同棲」を取り入れるカップルも増えています。共に生活する上で、譲れない価値観や生活リズムなど……合わなければ比較的気軽に解消できるのが、同棲のメリットですよね。とはいえこうした「過去」について、世の中の男性たちはどう思っているの? 男性たちに、こんな質問をぶつけてみました。

Q.好きな女性や彼女に同棲した過去があったらいやですか?

 ・「嫌」……45.7%
 ・「嫌ではない」……54.3%

「嫌ではない」と答えた男性のほうが多い結果となったものの、正直に「嫌」と回答した方も45.7%! それぞれの理由も聞いてみましょう。

<「嫌」と思う男性の意見>

■嫉妬心

・「自分と同じか、それ以上に親しい男性がいたと思うと抵抗があるから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「同棲した人と自分を比べられそうだから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「相手の男性に嫉妬してしまうから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

「嫌だ」と答えた男性の中で、非常に目立ったのが「嫉妬心」です。過去に嫉妬しても仕方がないと、きっと男性もわかっているはず。しかしそれでも……気になってしまうのが本音なのでしょう。

■同棲の先にあるもの

・「バツイチとそれほど変わらないような気がする。ちょっと付き合いを考え直すかも……」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「なぜ結婚しなかったか不安」(27歳/金融・証券/営業職)

・「実は離婚して子どもがいたとか、どこまで話が広がるかわからないから」(34歳/その他/販売職・サービス系)

同棲経験があるということは、つまり……!? なんて、さまざまな想像を巡らせてしまう男性もいるようです。一度こんな考えにとりつかれてしまうと、抜け出すのは難しいのかもしれません。

<「嫌ではない」と思う男性の意見>

■過去は過去

・「過去は過去で気にしない」(28歳/その他/その他)

・「過去を掘り返しても仕方がないから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

30年程度生きてこれば、お互いに「あえて知られたくない過去」の一つや二つあることでしょう。それも含めて、相手を受け入れることこそが「愛」なのかもしれません。

■愛の証拠

・「同棲はお試し期間だから他の男性に愛されていた証拠でもあり悪いことではない。何かのきっかけで別れてしまったとはいえ、他の人にも同棲したいくらいに愛されていたことは評価できる」(38歳/金融・証券/営業職)

・「人生で同棲する機会がない女性のほうがいや。魅力がない気がする」(38歳/情報・IT/技術職)

それなりに年齢を重ねてこれば、さまざまな経験を積んでいるのが普通のこと。同棲経験についても、「誰かに愛された証拠」として温かく受け入れてくれる男性の意見です。

■実は彼も……!?

・「誰もが通る道だと思う」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

こんな意見もありました。彼女の過去を温かく受け入れてくれるのは、彼にも同じような過去があるからなのかもしれません。お互いさまだとはいえ、彼の過去をどう思うのか。彼女の側も考えておいたほうが良さそうですね。

同棲の過去を嫌だとは思わない男性のほうが多いとはいえ、割合を考えると、むやみに公にはしないほうがよいと言えそうですが……。ただ同棲の過去があったくらいで離れていくような男性とはそもそも合わなかったと考えてもよいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数105件。22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]