お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 デート・カップル

【恋愛相談バー】仕事が続かない彼との結婚、やめたほうがいい?

高山真

都内某所にひっそりとたたずむ「マコトねえさんの恋愛相談バー」。ここには毎夜、“恋に悩める子羊”が来店し、店主であるマコトねえさんから「愛のカクテル」なるアドバイスをいただく。さぁ今宵はどんな子羊が来店するのかしら……?

恋愛相談バー12

■今宵のご相談

ご相談者:spiceさん(35歳・派遣社員)

恋愛スタイル:受け身
居住スタイル:彼と同棲
結婚願望: 2~3年以内にしたい

相手:

24歳(フリーター 週1~2のお掃除バイト)

■出会いの経緯
出会い系で知り合い、初対面で意気投合

■交際歴
約2年半

■ご相談
今の彼と同棲して約2年たちます。同棲するときにお互いの両親にも紹介して、結婚を前提にという話で一緒に住むことになりました。そのとき、私が提示した条件が「なんでもいいから定職をもってほしい」ということ。でも彼の仕事が長続きしないんです。営業10カ月、牛丼屋3カ月、パチンコ屋3カ月……といった具合。仕事の話をするといつも衝突して、彼からは「僕にはやりたい仕事がないし、今ふたりで暮らせているからいいだろう。君とは価値観がちがう」の一点張り。男性の仕事に関する概念というか、気持ちを変える方法ってあるんでしょうか? このままだと結婚も不安。期間を決めて別に暮らそうと思案中です。

■マコトねえさんからのアドバイス

とりあえず「仕事をしたくない」って男ではないのよね?

自分の本『恋愛がらみ。』の中でも、この連載の第3回目、「ギャンブルで人が変わる彼……別れたほうがいい?」のご相談でも、アタシは「つきあうこと自体がNGになる男」と「結婚には不向きな男の条件」の線引きについて、自分の考えを書いているの。その考えは、今回のご相談においてもアタシ的にかなり重要なので、「くどい」というお叱りは承知のうえで、もう一度おさらいさせていただくわね。

******

アタシが考える「つきあったらダメな相手」とは、こんな男のこと。

●DV男、モラハラ男
●借金癖のある男(大学の奨学金or住宅ローンは除外。ちょっとしたぜいたくなどのために、こまごまチマチマしたお金を何度も借りる癖のある男ってことね)

で、それにプラスして、「結婚したらダメな相手」というのは、こういう男ね。

●仕事をしない。したとしても、まったく続かない男
●仕事をしていたとしても、家に金を入れる気がない男
●ギャンブル狂い(ギャンブルが原因の借金がある場合は「つきあったらダメな男」になるわね)

当然だけど、「つきあったらダメな男」というのは、「結婚したらダメな男」でもあるわけね。
「つきあったらダメな男」と「結婚したらダメな男」の間にある、境界線はなんなのか。それは「一緒に生活していく。そのことを考えたら、リスクにしかならない」ということです。

アタシが「借金癖のある男とはつきあうのもNG」としているのは、「借金があることが発覚した時点で、そんな男とデートしても、おごるのもおごられるのも楽しくない。そもそも割り勘だって気を使いそう」だから。「ギャンブル狂い」に関していえば、「アタシと会ってない間に何をしているかは、彼だけの領域」だから、単なる「交際」のときにはあまり影響がないわけ。「生活をともにしている」のなら、大いに影響があるけどね。

******

……という感じ。だから、アタシとしては、あなたの彼は「結婚を考えるには厳しい相手」ということになります。

●あなたと彼の「最大公約数」を見つけることが、長く続く交際の秘訣よ

ただね、これはあくまでも「アタシの基準」なの。大切なのは、「あなたの基準を明確にすること」。そして、「あなたと基準」と「仕事に対する彼の姿勢」が重なる部分、つまり「最大公約数」的な部分をいかに見つけるか、ということだと思うのよ。

率直に言って、他人の仕事の概念を変えるのは至難の業です。そもそも他人を変えるのって、本当に難しい。だからアタシはいつも「他人を変える」ということは放棄しちゃってるの。

こう言うと、あなたの望みを打ち砕いてしまうかしら。でも、代替案といってはなんだけど、アタシは、先ほど言った「最大公約数的な部分を見つける」ことに関しては努力を惜しまないタイプなの。自分なりに「できること」と「できないこと」をしっかり見極めて、「できること」の割合を増やしていく……、それが、「誰かと何かを分かち合って生活する」ための、アタシなりの方法ということね。

アタシは確かに、「仕事が続かない男」を、「結婚には不向き」という箱に入れているタイプ。でも、今回、「もしアタシがあなたの立場で、できれば彼と結婚したいと思っているなら、どうするか」ということを考えに考え抜きました。で、出た結論は、こちら。

●「無職期間が長くないのであれば、それでOKが出せるかどうか」

彼、「仕事をしたくない」人ではないようね。「仕事を『やりがい』で考えたことがない」というタイプのようだし。アタシね、そのこと自体は全然悪いことではないと思うの。「生きていくためにはお金が必要。そのための仕事」と割り切って働く。それはそれで、ひとつの立派な生き方だもの。だとしたら、「とにかく『働いていない』という状態だけは、人としてどうかと思う」という「最大公約数」を共有できるかどうか。ふたりの間で「約束ごと」を作るとするならば、それがいちばん現実的なような気がするわ。

●あなたと彼の「正解」がちがっても、どちらも「正解」ってこともあるわ

もしかしたら彼は、「仕事は、職務内容のやりがいより、職場での人間関係のほうを重視する」ってタイプなのかもね。それはそれで、非常に正当な理由だと思う。ええ、「正解」よ。確かにアタシの考えとはちがうけれど、ちゃんと「正解」なの。アタシやあなたにとっての「正解」と、彼の「正解」がちがったとき、お互いそれを尊重できるかどうか。おつきあいが長く続く秘訣って、それがものすごく重要だと思うのよね。

そうそう、派遣社員をやっている友人にも質問したのよ。複数の派遣会社に登録していれば、毎日たくさんの仕事の募集がメールで来るんですってね。そうしておけば、とりあえず無職期間が長く続くことは避けられると思う。で、もし彼が人間関係に疲れを感じやすいタイプなのであれば……。「落ち着ける人間関係の職場」だったり「もともとあまり濃くない人間関係の職場」に出会ったら、わりと長く続く可能性もあるじゃない?

正直ね、いまの段階であなたが結婚をためらう気持ちもよくわかる。だってアタシは、あなたのほうに近いタイプだから。だから、「同棲をいったんやめる」というあなたもの考えも理解できるし、別れるならそれも全然アリだと思う。でも同時に、「彼のことが好きだから、何か望みはないか」と思う気持ちもよくわかるわけ。だからアタシもこれだけの「すりあわあせ案」を考えてみました。何か参考になる部分があるのなら、アタシの考えをベースにして、あなたたちならではの方法論を考えてみてね。あなたにとっての、彼との「最大公約数」が見つかることを祈ってるわ!

■愛のカクテル

相手を変えるのではなく、相手と重なる部分を探す……
それが、アタシにとっての「おつきあいの最重要課題」ね

■おすすめメニュー

このご相談&回答が“刺さった”方々へ――。ちょっと年上のアタシから、同世代のお友達からは仕入れられない、懐かしくてすてきな歌や映画をご紹介。“キュンキュン”や“イケイケ”をチャージして、日々をもっと彩っちゃいましょう♡ って誰よ、「ちょっと年上? すごく年上の間違いでしょ」とか言ったのは? うふふ。

★ドラマDVD
「すいか」(小林聡美、浅丘ルリ子、片桐はいり、小泉今日子ら出演)

2003年に日本テレビ系で放映されたドラマ。DVDになっているので、宅配レンタルなどもできるんじゃないかしら。この作品、アタシは日本のドラマ界の最高傑作のひとつだと思っているの。全話それぞれに「見どころ」も「得るもの」も満載の作品だけれど、今回のご相談には第4話ね。片桐はいり演じる女刑事と、小林聡美演じる主人公の信用金庫の事務OLが、「いい仕事とは。いい職場とは」ということを話し合う場面があるの。考え方がまったくちがう者同士が、美しく寄り添っている、素晴らしいシーンだったわ。

★R&B
グロリア・ゲイナー「I Will Survive」(1978年発表のアルバム「Love Tracks」に収録)

アメリカのダンスミュージックのスタンダード曲ね。「歌手の名前も曲名も知らない」と思った人でも、絶対に聞いたことがあるはず。先ほども言ったように、アタシはあなたが別れを選んだとしても、応援する。そのときには、この曲でガツンとテンションを上げましょう。あなたもアタシも、しぶとく生き残りましょう。どんな道を選んだとしても、その先にそれぞれ楽しいことだって待っているはずだものね!

★お店の人気メニュー★

恋愛がらみ。: 不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ

『恋愛がらみ。 不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』(小学館/1404円)

女性ファッション誌「Oggi」(小学館)で、10年にわたり読者のさまざまなお悩みを鮮やかに解決してきた高山さんの大人気連載が、「恋愛」に特化したものを書籍化。相談者だけでなく、本を読むすべての女子に“刺さる”名言・金言が満載の、超新感覚の幸福論です。目からウロコのものの見方や考え方、男子がなかなか教えてくれない「男ゴコロ」の詳細な解説、すぐにでも実践できそうなかけひきテク、そして、女子たちのハートに寄り添い、背中をやさしく押してくれる愛情……。人気コラムニストのジェーン・スーさんも「知的ゲイは悩める女の共有財産」と絶賛する1冊です。

(文/高山真 イラスト/あべさん)

次回の「マコトねえさんの恋愛相談バー」は、6/23(木)更新予定です。お楽しみに! ※毎週木曜更新

>>>「マコトねえさんの恋愛相談バー」バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]