お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女性が、「もう恋なんてしない!」と思う3つの瞬間

ファナティック

恋愛には楽しいことも多いけれど、恋愛をしたからこそ味わうツラさもありますよね。いい人生経験をしたと気持ちを入れ替えて、そのツラさを乗り越えることが大事ですが、しばらくの間は恋愛に対して臆病になることも。そこで今回は、女性のみなさんに「もう恋なんてしない!」と思った瞬間について聞いてみました。

■失恋したとき

・「長年付き合った人と別れたとき。絶望したから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「つらい別れをしたとき」(35歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「こっぴどく振られたとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

付き合っていた人と別れたとき、好きな人に振られたとき。この人以上に好きになれる男性はもういないのかもと思ってしまうこともありますよね。そのツラさを乗り越えて新しい恋に踏み出すには時間がかかることもありますが、そこできちんと気持ちを切り替えることが大事です。

■男性に裏切られたとき

・「浮気されたとき。男はこういう生き物だと知らされて、男なんてどうでもよくなった」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「元カレですが、私の前で女友だちを口説いていた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

彼に浮気をされたりすると、恋愛が嫌になるというよりも男性のことが嫌になるようですね。こんな人ばかりじゃないとは思いたいものの、次に裏切られたら立ち直れないと弱気になる気持ち、わかるような気がします。

■許されざる恋……

・「彼女持ちの人を好きになってしまって、さんざん苦しんだとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「不倫したとき。結局誰にもバレずに終わりましたが、先にあるものは不幸なことだけなので」(31歳/情報・IT/営業職)

・「好きになった人にいつも嫁がいるとき」(31歳/その他/クリエイティブ職)

彼女がいる男性、既婚の男性を好きになっても苦しいことばかり。それはわかっているけれど、一度好きになった人を嫌いになるのも難しいですよね。許されない恋の経験をすると、恋愛はこりごりという気持ちになるのかもしれませんね。

■まとめ

新しい恋に踏み出すには、まず自分自身の気持ちを切り替えることが大事。「次の恋はうまくいく」と信じることが必要。急がず焦らず、心を癒しながら次の恋を待っていれば、きっと素敵な出会いがあるはずですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日~13日
調査人数:131人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]