お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きな気持ちが止まらない! 女子が恋愛圏外の男性を好きになった奇跡のギャップ5つ!

ファナティック

顔も人柄も好みではなかったはずの相手をふとした拍子に好きになってしまうことってありますよね。その理由はなんなのでしょうか。女性のみなさんに、好みのタイプじゃなかった男性の意外なギャップを知り好きになった瞬間について聞いてみました。

Q.好みのタイプじゃなかった男性の意外なギャップを知って、好きになったことはありますか?

ある……17.6%
ない……82.4%

2割弱の女性が「ある」と回答しました。どんなギャップに惚れたのか、詳しく見て行きましょう。

■たくましさに

・「なよなよと頼りなさそうな男性だったが、意外と頼りになったとき。かっこよく感じた」(31歳/金融・証券/専門職)
・「弱そうに見える人がいざというときかばってくれた。たくましさに惹かれた」(32歳/不動産/事務系専門職)
・「意外にワイルドだったところに惹かれた」(34歳/学校・教育関連/専門職)

一見頼りなさそうに見える男性の頼りがいのある姿を見たり、守ってもらったりしたことで好きになった経験のある人は多くいるようです。

■弱々しい姿に

・「仕事のときはバリバリなのに、プライベートでは情けないぐらいダメ男だと知ったとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「普段は無愛想だったり、ちょっとこわもてだったりする人が、猫や犬や小動物に優しく接している場面を目撃したとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

逆に相手の弱い一面や、柔和な一面を見て好きになったという意見も。自分しか知らない一面にドキッとしてしまうのでしょうね。

■気さくなところに

・「仕事中は真面目だけれど、普段はすごく気さくだと知ったとき」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「仕事場ではすごく真面目で堅物な感じの男性が、プライベートで会うと気さくでとても話がおもしろかったとき」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「話がおもしろくてどんどん惹かれていった」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

仕事だけの付き合いでは相手の本来の姿を見ることってなかなかできませんよね。飲み会などで話をしてみて意気投合ということもよくあるようです。

■かわいらしい一面に

・「パッと見感じが悪そうだったが、不器用でシャイだったのがわかり、かわいいな~と思い好きになった」(29歳/印刷・紙パルプ/その他)
・「一回り年上の男性で、クールな感じかと思ったら、からかったらスネて、それがちょっとかわいくていいなと思った」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)
・「イケメンで遊び人そうな人が、実はすっごく純真で真面目だったとき」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

相手のかわいらしい一面を見て好きになったという意見も。普段はクールな人のちょっと抜けた姿などを見るとドキッとしてしまう女性は少なくないようです。

■知らなかった一面に

・「寡黙な人なのにスポーツしてる姿が本当にかっこよかった!!」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「派手な見た目で遊んでそうだけど、休日はボランティア活動をしているのを知ったとき」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「金使いが荒いと思ってたら、親から仕送りをもらわずに大学生活を送ってたこと」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

話してみたり相手を知っていくと、自分が相手のことを勝手に勘違いをしていたということはよくありますよね。知らなかった一面に惹かれてしまったというエピソードも多数見られました。

■まとめ

仕事上の付き合いや、なかなか相手と2人っきりでゆっくり話す機会がないと、相手の本来の姿を知ることはできませんよね。いざ深くかかわってみると自分の琴線に触れるなんかを持っていた、ということはよくあることのよう。タイプじゃないと思っている男性とも、一度ゆっくり話をしてみるのもいいようです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]