お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

【女が男の前で演技をする時】「キスを迫れれ、恥ずかしがるフリ」「寝返りのフリして抱きつく」

ファナティック

ベッド好きな人の前では、いつも正直で素直な自分でいたい。でも、真正面からぶつかるばかりではマンネリになったり、相手を傷つけたりすることもあるので少しくらいの演技が必要なこともありそう。今回は、恋愛中に彼の前で「演技」したことがあるかどうかを女性たちに聞いてみました。

Q.恋愛において、男性の前で演技したことはありますか?

ある……37.2%
ない……62.8%

4割弱の女性が、今までに彼の前で演技をしたことがあるようですね。では、どんな風に演技したのかくわしく聞いてみましょう。

■オーバーリアクションで彼を喜ばせる

・「基本的にオーバーリアクションです」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「それほどうれしくもない誕生日プレゼントだったけど、オーバーに喜んで見せた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「おごってくれたときに、当たり前だと思っていてもうれしい顔をするようにしている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

彼から何かをしてもらったときにお礼を言うのは当然。でも、普通に言うよりも彼が喜ぶだろうということでオーバーアクションで演技してみたという女性も。彼としても「大げさだな」と思いつつ、こんなに喜んでくれるならまた何かしてあげようという気になってくれそうですよね。

■かわいこぶって寝たふり

・「寝返りをするフリをして、抱きついたりしてみた」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「寝たフリをしてかわいさを演出した」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「疲れているときに寝たフリをした」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

一緒に寝ているときに寝たフリをして甘えてみたり、無邪気さを装う演技をしたことがあるという女性もいるようです。無防備な寝顔を彼に見せることで「かわいいな」と思わせる作戦。疲れていて彼の相手をしたくないというときにも、ピシャリと断るより寝たふりをするほうが彼もあっさりあきらめてくれそうですよね。

■彼を傷つけないために

・「キスを迫られて、恥ずかしいフリをしたが、内心相手の顔に引いていた」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「付き合いたての頃、デートでカラオケに行ったとき、別に普通だったけど、『上手だねー』と相手を褒めた」(31歳/情報・IT/営業職)

・「行ったことあるお店だったけど、こんな素敵なお店来たことないって言っておいた」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ここで、思った通りの言葉を口にすると彼を傷つけるかも。そう思ったときに演技したという女性もいるみたいです。はっきり言えば、嘘をついているとも言えるかもしれませんが、こういうときの嘘は相手に対する思いやりや気遣いということで許されますよね。

■まとめ

恋愛において演技をする女性は決して少なくないようですが、ほとんどが彼に対する優しさから出る演技のようですね。うまく付き合っていくためには、本音を言い合える関係を作ることも大事かもしれませんが、時には相手のためにちょっとした演技をしてみるのもよさそう。もちろん、演技をしたことで彼を傷つけるのならやめたほうがいいですが、彼のためを思ってのことなら、たとえバレたとしても気持ちは伝わるはずですよね!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]