お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意気気投合! でも再会で撃沈!? 男性が「付き合うまで発展しなかった女性」・4選 

ファナティック

気になる人と話が合えば、もっと相手を知りたくなってくるものですよね。できればデートや食事に誘って、関係を深めていきたいと思う男性も多いのでは。とはいえ、必ずうまくいくとも限りませんよね。男性のみなさんは、意気投合してそのあと会ってみたけど、付き合うまでに行かなかった経験はあるのでしょうか? 実際の経験談をうかがってみました。

■合わなかった

・「何回も会ううちに合わないことに気付いた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「その場では舞い上がって、合うと思ってしまうが、ちゃんと話すと、合わない気がすると思ってしまった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「2人っきりで会ってみたらあまり合わなかった」(30歳/機械・精密機器/営業職)

最初は好意を抱いていたはずが、だんだんと会う回数を増やしていくたび、お互い合わないことに気づいてしまうこともあるものです。何度か話をしてみないと、気づかないこともありますものね。

■話が続かなかった

・「2人で会うと会話がはずまなかった」(37歳/金融・証券/営業職)

・「メールでのやり取りはスムーズだったけど、食事しながら話をしたときに盛り上がらなかった」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「趣味の話で意気投合したが、それ以外に話題がなくて長続きしなかったことがある」(32歳/学校・教育関連/専門職)

デートに出掛けることはできても、いざ2人で話をしてみると、全然盛り上がらないこともありますよね。気を遣って会話を続けても、結局は疲れてしまうだけですものね。

■友だちならありだった

・「多々ある。飲み友だちとして楽しい相手もいるから」(36歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「友だち感覚だったとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「友だちとしてよかった、ってのはけっこうある」(29歳/機械・精密機器/営業職)
気になる時点で、相手に対していい感情を持っていることは間違いありません。でもそれが恋なのか、それとも友情なのかは、付き合いをしてみないとわからないものですよね。

■イヤなところが見えた

・「イヤな部分が見えた」(38歳/情報・IT/営業職)

・「いざデートをしてみると、遅刻癖がすごくてイヤになってしまった」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「デートしたがほかにも男の影が見えた」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

実際にデートに行ってみると、相手のイヤな部分に気づいてしまうこともあるものです。ひとつイヤな部分を見てしまうと、すべてがイヤになってしまうこともありますものね。

■まとめ

恋愛に発展する前は、気持ちが盛り上がっているため、相手のどんな部分もよく見えてしまうものです。しかし、関係が一歩近づくと、意外にイヤな部分が見えてしまったり、実は合わなかったということに気づき、ダメになってしまうこともあるようですね。せっかく意気投合できても、すんなりと付き合うまでには行かないなど、恋愛はなかなか難しいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~5月31日
調査人数:111人(22歳~38歳の男性)

お役立ち情報[PR]