お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性に聞いた! 「女は顔じゃないな~」と思ったこと3つ

ファナティック

男性が女性を選ぶときは、やっぱり見た目が一番? それとも、顔以外でも男性を惹きつけることはできるもの? 最初は顔だけで女性を選んだとしてもあることがきっかけで「女は顔じゃない」と心を改めてしまった。今回は、そんな経験について男性たちに聞いてみました。

 

■優しくされるとイメージも変わる

・「飲み会などでさりげなく男を立てたりできるところ」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「容姿がよくないため、自分にとって第一印象が良くないイメージだった人がいたが、いざ会話をしてみると、楽しい人だったことがあった」(37歳/その他/その他)

・「同じ職場で、自分がミスをして怒られてしまい、そこを彼女に見られたが、優しく励ましてくれていい人だなと思った」(30歳/電機/技術職)

見た目が自分のタイプではなかったので、全くの圏外だったという女性が話をしてみたら意外と面白い人だったり、落ち込んでいるときに励ましてくれたりすると一気に好印象に。さり気なく男性をフォローできる優しさを持っている人の方が、美人よりもポイントは高いみたいですね。

■愛嬌がある女性が良い

・「愛嬌です。笑顔が一番だから」(34歳/電機/技術職)

・「美人なのに話しかけたら無愛想だった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「一般的に、顔に自信がある女性は、性格が悪い。ちょっと特別に扱わないと不機嫌になる」(32歳/情報・IT/技術職)

・「以前勤めていた職場の同期の女の子に、超かわいいけど性格キツイ娘と、顔普通だけど人なつっこくて巨乳の娘がいて、結局後者のほうがモテてた」(35歳/その他/クリエイティブ職)

美人に引き寄せられて話しかけてみたけれど、愛想が悪かったり、女性を持ち上げるような言動を取らないと不機嫌になってしまうことで印象を悪くした男性もいるようです。逆に、外見はイマイチでも笑顔が素敵で愛嬌のある女性だと男性からは持てるみたいですね。

■トータルな見た目も大事

・「顔はとても魅力的なかわいい女の子でも、足のケアが全然なってないと気分的に萎える。足が汚い女は性格とマナーが基本悪いイメージ。逆に顔が少々整っていなくとも、足がキレイな女の子はマナーがいい」(25歳/情報・IT/技術職)

・「ボディラインの出る服を着ているときにグッとくることがあった」(27歳/金属・鉄鋼・化学/クリエイティブ職)

・「スタイルや服のセンスなどが良ければ全体としてキレイに見える。顔だけじゃないと思う」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

顔がいくらかわいくても他の部分に手抜きをしているようではマイナスイメージを持ってしまうことも。かわいいからといってそれに甘えずにセンスよく洋服を着こなしたり、スタイルを維持したりする努力も必要。そういう努力が男性からは素敵に見えるのかもしれませんね。

■まとめ

顔立ちが良いことは男性の興味を引くポイントにはなりそうですが、それが全てではないというのは間違っていなさそう。いくらかわいくても性格的にイケてないなと思われると、それ以上かかわりを持ちたいとは思わないみたいですね。逆に最初は顔が好みじゃないということで良い印象がなかった女性が、他に「オッ!」と思わせる部分を持っていれば好感度はかなりアップ。マイナスからスタートするのも、一概に悪いことではなさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数355件(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]