お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう我慢できないっ! 男子が思わず「頭ポンポン」してあげたくなる場面3選

ファナティック

カップル好きな人にされるとキュンキュンしちゃう胸キュン仕草といえば、「頭ポンポン」。これまでに男性から「頭ポンポン」をされて、キュン死しそうになった! という女性もいらっしゃるのではないでしょうか。このすさまじい威力をもつ「頭ポンポン」。男性は一体どんなときにしたくなるの? 今回は「女性に頭ポンポンしたくなる瞬間」について男性のみなさんに本音で語ってもらいました。

■がんばったね!

・「いっぱいがんばったことを褒めるとき」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「大きな仕事を乗り越えたとき」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「何かしらがんばったとき。あるいは励ましたいとき」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「その女性ががんばったと感じたときや、慰めてあげたいとき」(36歳/情報・IT/技術職)

「がんばったね! えらいね!」というねぎらいの意味を込めての頭ポンポン。女性側も、好きな人にこうやって褒められたら、がんばりがいを感じられますね!

■慰めてあげたい

・「しょんぼりしているとき」(26歳/学校・教育関連/その他)

・「何か悩んでいるのを聞いて、慰めてあげたいとき」(29歳/情報・IT/技術職)

・「泣いているとき、落ち込んでいるときに慰めようとしたとき」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「相手が落ち込んだりしているとき」(32歳/金融・証券/営業職)

落ち込んでいるときこそ、好きな人の優しさが一番の癒しになります。べっこり凹んでいるときに、頭ポンポンされたら、そのまま抱きつきたくなってしまうかも。

■かわいい!

・「彼女のことがかわいいな、と思ったとき」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「背が低い女性がかわいらしく思えたとき」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「かわいいと純粋に思ったとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女性が甘えてきたとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いとしさが爆発すると、「触れたい!」という衝動につながる、この本能は女性にだって分かるはずです。頭ポンポンされることでときめきが増し、彼のことをさらに好きになっちゃいますよね。

■まとめ

好きな人だからこそ、してもらいたい「頭ポンポン」。これは、立派な愛情表現です。彼に優しく頭ポンポンされたら、彼が喜んでくれる方法で、受け取った愛情をしっかり彼にもお返してあげたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数111件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]