お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男性が痛感! 「やらかしてしまった!」「控えたほうがいい」と思う恋愛失敗談って?

ファナティック

適齢期が近づいてくると、まわりも次々と結婚していくため、ついあせってしまうこともありますよね。すぐに婚活をスタートさせたという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、婚活で「やらかしてしまった!」「これは控えたほうがいい」と思う失敗談を、社会人男性のみなさんに教えていただきました。

■がつがつしすぎる

・「がつがつしすぎないこと。相手によっては引いてしまうから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「がっつきすぎる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「あまりがつがつ言って露骨に迷惑そうにされると、落ち込みます」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

婚活をはじめたばかりのときは、どのようにして相手にアピールすればいいかわからないもの。まわりの男性におくれをとらないよう、ついガツガツしてしまうのかもしれませんね。

■自分の話ばかりする

・「しゃべりすぎ。つい、気持ちが舞い上がっておしゃべりになりやすいが、あまりペラペラしゃべる男はいい印象は持たれない。聞き上手に徹したほうがいいと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分のアピールをしすぎる。相手のことを聞く時間がなくなる」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の話ばかりして、相手がつまらなさそうにしていたことがあるので、そういうのは控えたほうがいいと思う」(36歳/情報・IT/技術職)

婚活パーティーなどに初めて参加すると、つい気持ちがいつもより盛り上がってしまうことも。テンションが上がってしまい、自分のことばかりしゃべってしまうと、相手は退屈してしまうかもしれませんものね。

■話を掘り下げすぎる

・「初対面で相手のことを聞きすぎた」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「プライベートをぐいぐい聞いてしまうこと」(30歳/電機/事務系専門職)

・「内情をガツガツ聞きすぎた」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

いくら結婚相手を探すためのイベントやパーティーとしても、はじめて会った人に対して、あまりにも掘り下げた内容を聞いてしまうのは、マナー違反。デリカシーのない男性と思われても、仕方ないかもしれません。

■酔っぱらってしまう

・「お酒を飲みすぎて見栄を張らないこと」(37歳/金融・証券/営業職)

・「お酒の飲みすぎ」(26歳/金融・証券/営業職)

・「酔っ払って、わーわー騒いでしまうこと」(30歳/学校・教育関連/その他)

婚活に慣れていない間は、お酒の力を借りて、気を大きくしようと思うこともあるようです。婚活の場で酔っぱらっている人を見ると、空気が読めない人のように見えますものね。

■まとめ

何度も婚活イベントなどに参加していると、だんだんその場の空気や、相手との会話を楽しむことにも慣れてくるもの。慣れないうちは、どうしても失敗をしてしまうこともあるかもしれませんね。上記の失敗談を参考に、男性は自分がそうならないように気をつけるようにして、また女性はそんな男性を見ても、やさしい気持ちで受け入れてあげたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~5月30日
調査人数:111人(22歳~38歳の男性)

お役立ち情報[PR]