お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

破局の原因になるかも!? 彼女を傷つけた彼のしくじり対応4選

ファナティック

泣く恋愛他人同士の付き合いのひとつなので、時には衝突することだってありますよね。思いがけず相手を傷つけてしまい後悔した経験がある人も多いのではないでしょうか。今回は男性のみなさんに、恋愛ごとで相手を傷つけてしまったエピソードについて聞いてみました。

■ケンカ中に思わず……

・「ケンカをしているときには、相手を傷つけてしまうことを言いがちになる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「口ゲンカしてしまったとき。エキサイトしていたので詳細は覚えていないが、ひどいことを言ってしまったと思う」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ケンカで思わず相手の欠点を責めてしまったとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

ケンカをして熱くなっているときって、思いがけず相手にひどいことを言ってしまうことってありますよね。ケンカのときの発言で相手を傷つけた経験のある男性は多いようです。

■ささいな一言で……

・「バカにするつもりはなかったのに、ちょっと方言のことをからかってしまったら、その後の反応が悪かったので、もしかしたら、傷つけてしまったのかなと思ったことがあります」(36歳/情報・IT/技術職)

・「好きな女性タレントがテレビに出ていて、『この人かわいいなあ』って言ってしまったとき」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「話をもっと聞いてから、無責任な事を言ってしまった、と後悔したとき」(38歳/その他/技術職)

何気ない一言でも、彼女にとってはNGワードだった、ということもよくあるよう。何がきっかけになるかは分からないので、気をつけようがないというのが、もどかしいところです。

■つめたい態度を……

・「そっけない態度をとってしまった」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「冷たい態度をとっているつもりはないが、相手にはそういう風に感じさせてしまったとき」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「機嫌が悪くて、彼女が歩き方が遅いことに難癖をつけてしまったとき」(35歳/建設・土木/技術職)

忙しかったり、ちょっと機嫌が悪いときなどについつい冷たい態度を取ってしまい傷つけてしまったというエピソードも多く見られました。自分ではそのつもりはなくても、そう感じられてしまうこともあるよう。

■会えなくなって……

・「突発的な事態があり、しばらく連絡をしなかったとき」(37歳/金融・証券/営業職)

・「仕事で楽しみにしてた食事に行けなくなった」(30歳/情報・IT/営業職)

・「相手が会いたいと言ってきたときに、会ってあげられなかったとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

好きな相手には会いたいもの。ですが、仕事やそのほかのなんらかの理由で会えなくなってしまうことだってあります。そうは分かっていても傷つく気持ちも分かる気がします。

■まとめ

好きな相手のことは傷つけたくはないですが、何の気なしの言動などで、知らず知らずのうちに相手を傷つけていたということは多々あるようです。そんなときも、きちんとフォローを入れることが大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数117件(23歳~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]