お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子に選ばれるのはどっち? 洋服代に「出費を惜しまない女子」or「出費をしぶる女子」

ファナティック

ショッピングオシャレにはある程度の出費がつきもの。素敵な洋服を買おうと思っても、先立つものがなければ無理な話ですよね。では男性は、女性の洋服に対するお金のかけ方についてどう思っているのでしょう。社会人男性のみなさんの本音をご紹介します。

Q.「洋服にお金をかけている女子」と「お金をかけていない女子」どちらが好印象?

洋服にお金をかけている女子……28.4%
洋服にお金をかけていない女子……71.6%

7割以上の男性が、洋服にお金をかけていない女子のほうが好印象だと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

「お金をかけている女子」と回答した男性の意見

■おしゃれな女子が好き

・「ファッショナブルだし、かわいいと思うから」(33歳/電機/技術職)

・「女子力があると思うので」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

洋服はおしゃれをする上では欠かせないアイテムです。いつもワンパターンでお決まりの洋服を着ているよりも、流行をある程度抑えた、ファッションを楽しんでいる女子のほうが魅力的に見えるのも無理はないでしょう。

■身だしなみは大切だから

・「身だしなみに気を使っているのは好印象だから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「行きすぎなければ、ちゃんとした感があるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

洋服が持つ役割はオシャレのためだけではありません。身だしなみを整えることで清潔感のある印象を与えることができます。服ならば、なんでもいいというわけではないので、ある程度のこだわりは必要かもしれません。

「お金をかけていない女子」と回答した男性の意見

■健全な金銭感覚を持っていてほしいから

・「月に何万円もおしゃれにつぎ込むような女性とは結婚できないので。もう少しお金持ちの男を狙ってほしい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「経済的で、無駄遣いをしないイメージがあるから」(29歳/情報・IT/技術職)

やはり生涯のパートナーとして考えたとき、洋服にお金をかけすぎるのは問題だと捉える人が多いようです。人生には洋服など二の次にしなければいけないときもあるでしょう。どんなにおしゃれが好きでも、無駄遣いは考え物ですね。

■本当のオシャレさんは……

・「お金をかけずに自分に似合う服を選べる人は、すごいと思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「お金をかけなくても、それなりのおしゃれができるのが理想」(30歳/機械・精密機器/技術職)

多くの人から「おしゃれ」と言われている人は、シンプルな服をとても格好良く着こなしているイメージがありますよね。それは自分に似合う服をわかっていて、その服を大切に着ているから。しっくりとなじんだ感じが、おしゃれ感を出しているのでしょう。

■まとめ

「洋服なんて何を着ても似合う人は似合うし、そうでもない人はそうでもないから気にするほどのことではない。自分らしく着ていく服を、自信をもって選べばそれでよい」(38歳/金融・証券/営業職)という、身もフタもない意見を展開する人もいますが、言っていることは至極まっとうなことですよね。オシャレにお金をかけるだけではなく、内面を磨くことが好感度の高い女性への近道かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]