お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

目のやり場に困っちゃう? 女子が会社にシースルーを着てくるのは「あり」or「なし」?

ファナティック

夏も間近に迫り、ファッションも軽やかで薄いものが主流になってきましたが、仕事のときとプライベートのときは、着るものを使い分けますよね。いくら暑いとはいえ、「職場にはちょっと……」という服がクローゼットの中にある人も多いことでしょう。そこで今回は服に関するこんな質問を働く男性たちにしてみました。

Q.会社にシースルーの服を着てくるのはあり?

「あり」……44.0%
「なし」……56.0%

「透けているのはナシでしょう!」と答えた人が半数以上いますね。いくら気温が上がっても、これはNGなものなのでしょうか……。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<「あり」派の意見>

■目の保養!

・「目の保養になるし、そこまで露出のあるものでもないから問題ないと思うので」(36歳/情報・IT/技術職)
・「目の保養になるからいいと思う」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「会社に潤いが与えられていい感じになりそうです(笑)」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

涼しげで少しセクシーな女性の姿を見て、「目の保養になる」という男性の気持ちはわかりますが、これはちょっとセクハラじみた感じもしますね……。

■カジュアルな服装が許される職場ならOK!

・「ファッションだからいいと思う。会社が固くないのならば」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「別に仕事に差し支えなければいいと思う。夏場なら涼しげに見えていいかもしれない」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「あまり派手でなければその女性の自由と思う」(37歳/金融・証券/営業職)

例えば、アパレル関係や広告代理店、デザイン事務所など、おしゃれな装いが許される職場ならば、シースルーの服でもまわりは気にしないでしょう。逆に、厳しい職場ならば絶対にNGということですね。

では次に、「ナシでしょう!」と答えた男性たちのコメントを見てみましょう。

<「なし」派の意見>

■仕事をしに来るんだから

・「会社にはある程度きちんとした服を着て行くべき」(28歳/その他/技術職)
・「ビジネスに露出は必要ありません」(32歳/金融・証券/営業職)
・「会社は自分の好きな格好をしてくる場所ではないので」(32歳/商社・卸/営業職)

仕事をしに来ているのに、ファッションに力を入れすぎているのはどうなの?という気持ちもわかります。TPOは社会人として守らなくてはなりませんからね。

■気が散る!!

・「目線がいって、仕事の気が散るから」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「目のやり場に困るからやめてほしい」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「気になって仕事がはかどらないから」(31歳/自動車関連/その他)

セクシーすぎる女性がそばにいれば、気が散ってしまうのも仕方がないでしょう。職場の男性たちに不興を買わないためにも、シースルーは控えた方がよさそうですね。

■まとめ

職場に着て行く服には、TPOの意識が求められます。「これが着たいから着る!」というわけにはいかないのです。カジュアルな装いが許される職場もあれば、常にかっちりした服装を暗黙のルールにしている場合もあります。自分の職場の雰囲気にあった服装を選んで、暑い夏も乗り越えたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]