お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

正直、彼氏のマナーで一緒にいて恥ずかしいと思ったこと・4選

ファナティック

学生まではあまりわからなかった一般常識も、社会人になるとともに、徐々に身についてくるようになるもの。自分がマナーを知らないと、一緒にいる相手にまで恥をかかせてしまうこともありますよね。最初は黙認していても付き合いが長くなりそうだと感じたら、どう伝えるかも課題ですよね。正直、今彼のマナーで一緒にいて恥ずかしいと思ったことがあるか、働く女性のみなさんに教えていただきました。

■食事のマナー

・「ものを食べるとき、食べ方が悪く、よく物をこぼしたり、洋服に食べ物を付ける」(33歳/その他/事務系専門職)

・「箸の持ち方がちがっていること。汚く見えるので直してほしいが、注意していいものかどうか迷っている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「食事のマナーは気になりますし、家庭環境を疑う。汚い食べ方をされると、まわりに何と思われているかと恥ずかしくなる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

食事の仕方が汚いと、周りにまで不快感を与えてしまいますよね。結婚した後あと、子どもにまで同じ教育をされてしまいそうだと考えると、少し不安にも思ってしまいそうです。

■お店でのマナー

・「店員に厳しい態度をとる」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

・「店員さんへの言葉づかいがエラそうなこと」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「朝、カフェに行ったとき、機嫌が悪かったのか店員さんへの対応がそっけなかった。恥ずかしいと思ってしまった」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

お客様は神様だと言わんばかりに、店員さんに対してえらそうな態度をとられると、一緒にいるこちらが恥ずかしい思いをしますよね。もし機嫌が悪かったとしても、マナーとして、紳士的にふるまうようにしてほしいですね。

■テーブルマナー

・「フランス料理の店などで、テーブルマナーを知らなくて最悪だった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「高級フレンチを食べに行ったときに、マナーがわからずに恥ずかしかった」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「ナイフとフォークをうまく使えないこと。高級料理店に行ったことがなかったらしい」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

高級料理店に行く際には、やはり最低限のテーブルマナーは覚えておきたいもの。分からないときは店員さんに聞いてみるのもアリなので、不安ならまずは聞いてみるようにしたいものです。

■身だしなみのマナー

・「服や靴に対してあまり気を使わないこと。気を使いすぎる必要はないと思うが、場面に合わせた格好をしてほしい」(26歳/自動車関連/技術職)

・「服に無頓着な人だから、高級な店にも普通の服で行っちゃうところ」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「身だしなみが中途半端。襟が中途半端に折れていたり、裾が中途半端に出ていたり」(29歳/機械・精密機器/技術職)

誰かと会うときや、どこかに出かけるときは、身だしなみを整えていくことがマナーですよね。みすぼらしい格好で行くことは、相手を軽んじているようにも思われてしまいそうですから、気をつけるようにしたいですね。

■まとめ

自宅と職場の往復ばかりしていると、ついそれ以外のマナーを忘れがちになってしまうもの。また、わかっていたとしても面倒に感じて、マナーを守らなくなってしまうことも。マナーは相手やまわりの人に対する思いやりと考えて、実行してほしいもの。この先ずっと一緒にいることを考えれば、なおさら改善してほしいと思ってしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~5月18日
調査人数:139人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]