お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう1ミリも動きたくない……! 「疲れた平日の夜」女性からもらうとキュンとするLINEって?

ファナティック

疲れて1ミリも動きたくなくなる平日の夜は、何のためにがんばっているんだろうと切ない気持ちに襲われることが……。こんなとき、男性はどんなLINEをもらうと元気が出る? 「疲れた平日の夜に、もらうとキュンとするLINE」について、社会人男性に聞いてみました。

■「お疲れさま」の言葉にキュンとくる

・「『お仕事お疲れさま』と言ってもらえると、癒やされる」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『お疲れさま』という一言だけでも、もらえたらうれしくてキュンとなる」(36歳/情報・IT/技術職)

・「疲れている日など、風呂あがりや就寝前に『お疲れさま』や、『がんばろう』のような共感できる内容ならうれしい」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

がんばればがんばるほど「何やってるんだろう」というむなしさに襲われることもありますよね。そんなときに自分の見ていて、応援してくれている人がいると力になるもの。「お疲れさま」の言葉は、「がんばってること、知ってるよ」という意味に聞こえるため励まされますよね。

■ハートマークに癒やされる

・「ハートのマークなどがあると、癒やされる気がする」(29歳/情報・IT/技術職)

・「『お疲れさま』という内容とハートのスタンプなど。癒やされるから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

また疲れている男性の心に火をつけるのが、気になっている女性からのハートマークなのだそう。好きな人に振り向いてもらうため、自分のことをカッコいいと思ってもらうためなら明日の仕事もがんばれそう。モチベーションをグッとあげてくれるマークなのかもしれませんね。

■「がんばったね」がうれしい

・「『今日もたくさんがんばったね』」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「『今日もよくがんばったね。お疲れさま!』」(31歳/情報・IT/技術職)

「がんばったね」はいつもがんばっている男性にとって、最高のほめ言葉。目に見える成果は毎日確認できないけれど、「がんばった」事実は自分にしか感じることが難しい、見えない成果。これを見ていてくれる人がいるのはうれしいことですよね。

■何気ないやり取りに癒やされる

・「好意を持っている子からの、その日のできごと」(39歳/商社・卸/営業職)

・「今日あったできごとで、よかったこと」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分が疲れていることは知らなくても、何気ない日々のできごとを楽しそうに伝えてくれるだけで癒やされるという男性もいました。心が下向きな日は何気ないやり取りがうれしいもの。気になる男性がいるなら、平日でも気にせずLINEしてみてもいいのかも!

■まとめ

男性は「自分の体を心配してくれるとやっぱりうれしい。それか、疲れてることも忘れるとびきり明るい文」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)、「疲れを癒やすようなやさしい内容」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)のLINEにキュンとしやすいとか。

疲れていそうな平日の夜はLINEするのをためらいがちですが、しつこくなく上記のような内容のLINEを軽く送る程度なら、逆に癒やされると思ってくれるのかも。仲よくなりたい男性がいたら、ぜひ平日の夜にやさしいメッセージを送ってあげてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月25日~5月16日
調査人数:139人(22歳~39歳の男性)

 

お役立ち情報[PR]