お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

うん、それモテないよ? ウザい「女子のサバサバアピール」4つ

ファナティック

男前でカッコいいサバサバ女子。しかし男性は「私ってサバサバしてるから」とアピールしてくる女子を見て、正直ウザいと思うこともあるとか!? そこでサバサバ女子の中でも「これはちょっと」と思う女子の特徴を、社会人男性に聞いてみました。

■酒豪アピール

・「お酒が強いことを公言し、やたらと飲みに行こうと誘ってくる。赤ちょうちん系のお店が好きだとアピールしてくる」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「酒豪アピール」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「酒好きをアピールして、つぶれる」(38歳/情報・IT/技術職)

姉後肌でカッコいい女性が「飲みに行こう!」と、みんなを引っ張っていってくれる姿はステキですが、カッコよくやるのはなかなかハードルが高いもの。酒豪アピールしておきながら一番先につぶれると、「あのアピールは一体」なんて思われてしまう!?

■サバサバ=「男っぽい」ではない?

・「言葉づかいを男っぽくしてサバサバ感を出そうとしている女性がいたが、言葉づかいに違和感があって気持ち悪かったし、ウザったかった」(36歳/情報・IT/技術職)

・「サバサバと男っぽいを勘ちがいしてる女性」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女子力の低さを言い換えているようにも見える」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

男前でサバサバした女性はカッコよく、豪快で気持ちいいものですが、それはイコール「男っぽい」ではないのだとか。確かに見ていて気持ちのいいサバサバ女子は男前ではあっても、姉後肌でどこか「女性らしい色っぽさ」があるような気がしますよね。

■サバサバ=「がさつ」「素っ気ない」ではない

・「『私ガサツだから』と言ってきた」(27歳/農林・水産/技術職)

・「しきりにサバサバしていると言って、いろいろ質問をすると素っ気ない回答をする女性」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

また自分のがさつさや素っ気なさを「サバサバ」と言い換えて、いいように理解している女性も気になるのだとか。要するに男性は「サバサバ女子がウザい」のではなく、「欠点をサバサバと言い換えている女性」が気になりやすいのかもしれません。

■女性であることを捨てている

・「男はいらないとやたらアピールする」(37歳/金融・証券/営業職)

・「下ネタOKであることをアピールする。男性でも苦手な人はいる」(35歳/建設・土木/技術職)

女性であることを捨ててしまい、男性と対等に付き合おうとするサバサバ女子も、男性は苦手に感じやすいよう。そのアピールが本物なのか、それとも「何かのこじれ」からくるのか、判断が難しい?

■まとめ

男性はサバサバ女子が苦手なのではなく、「サバサバを読みちがえている女子」が鼻につきやすいよう。たとえ男っぽくても女性らしさを失わず、自然体なら上記特徴があってもOKなのかもしれませんね。「作りもののサバサバ感」は簡単に見抜かれるため要注意!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数101件。22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]