お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性に聞いた! 恋人との別れは「振る」ことが多い? 「振られる」ことが多い?

ファナティック

どんなに好きだった相手でも、何かの原因で別れることになる可能性はいつだってあります。そんなとき別れを切り出すのも、切り出されるのもつらいですよね。今回は、そんな「別れ」にまつわる質問を、社会人男性のみなさんに聞いてみました。

Q.恋人と別れるときは「振る」ことが多い? 「振られる」ことが多い?

振られることが多い……73.4%
振ることが多い……26.6%

<「振られることが多い」と回答した男性意見>

■愛想をつかされる

・「こちらの煮え切らない態度に愛想をつかされることが多い」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「『面倒くさい』と言われて別れを切り出される」(26歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「相手からアタックされて付き合うことになっても、こっちが本気になったときには向こうが冷めてることが多い」(36歳/情報・IT/技術職)

彼女に愛想を尽かされることが多い、という男性意見。毎回同じ理由で振られる、という男性も少なくないようです。

■自分からは振れない

・「気弱なので自分から振ることができない」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「振ると相手に悪いので、振るように仕向けている」(33歳/電機/技術職)

・「自分から振るのは申し訳ないので、相手が振ってくれるのを待つ」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

自分から別れを切り出すことができない、という男性も。彼女から「別れましょう」と言ってもらえるように仕向ける人もいました。別れを告げるのって、体力的にも精神的にもかなりのエネルギーを消費するものですし、敬遠したくなる気持ちもわかるのですが……彼女側からすると「ずるい」なんて思ってしまうかもしれません。

■気がついたら疎遠に

・「連絡が取れなくなる」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「気づいたらひとり……のような感じ」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「段々と素っ気なくなって振られる」(27歳/農林・水産/技術職)

気がついたら相手が離れていっていた、という自然消滅に近い形で振られるという経験がある人も多くいるようです。彼女からの別れのサインに気がつかなかった、なんてこともありそうですね。

<「振ることが多い」と回答した男性意見>

■振られる前に……

・「基本は振られる前に振る」(32歳/通信/営業職)

・「傷つく前に振ってしまうから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「振られる前に振ったほうが落ち込まないから」(23歳/その他/その他)

振るより振られるほうがショックだと感じる男性は、自分から関係を終わらせたい、と思うみたいですね。

■相手に対する不満がたまったら

・「重大な欠点を見つけてしまったとき」(31歳/電機/技術職)

・「自分が我慢の限界を超えたからということが多い。人間、限界というものがあるので」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「将来像が描けなかったり不安があれば別れる」(33歳/運輸・倉庫/その他)

相手に対する不満が募った段階で振るというケースも多いよう。その女性との結婚生活を考えたときにいい未来が想像できなかったり、この関係に続きはないなと感じて別れるということもあるようです。

<まとめ>

7割以上の男性が「振られることが多い」と回答する結果となりました。「振られるように仕向ける」なんて意見もあるように、別れたいなと思ったとしても自分から切り出したくないという男性は少なくいみたいです。ただ、どちらにせよ、一度好きになった相手との別れは気持ちのいいものではありませんよね。どちらから別れを切り出した場合でも、きちんと話し合いをして、あとくされのないようにするのが一番の理想の別れ方なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:102人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]