お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

実は気になる! 結婚したら、夫婦の財布は一緒にしたい? 別々にしたい?

ファナティック

付き合っているときはそれほど気にならないものですが、「結婚」を考えはじめると、恋人と「お金」の話をすることもありますよね。家計をきちんと管理したいから、結婚後の夫婦の財布は一緒にしたい! と考えている女性も少なくないのでは? 今回は、女性のみなさんにこんなアンケート調査をしてみました。

Q.結婚したら、夫婦の財布は一緒にしたい? 別々にしたい?

一緒にしたい……50.4%
別々にしたい……49.6%

<「一緒にしたい」派の意見>

■お金まわりを把握していたい

・「ちゃんと家計を把握していたい。一緒に貯金したいから総額がわかることで協力し合いたい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「全部自分が握って把握したいです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「把握しておきたいから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚したら家族の経済状況は把握しておきたいと思う女性も少なくありません。何かあったときに対応しやすいので、なるべくお互いオープンにしておきたいものですよね。

■管理しやすいから

・「一緒にしたほうが、お金を管理しやすいので」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「一緒に管理しないと相手が使いすぎてしまわないか不安だから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「そのほうが管理が楽だし、大きな買い物もしやすいと思う。一緒に生活するのだから、お金も一緒にするべきだと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

財布が別々だと、いざお金が必要になったときに、対応できるのかどうかもわからないものです。たとえばマイホームを購入しようとなったとき、お互い貯金がいくらあるかわからないとなると、計画が立てにくいものです。

<「別々にしたい」派の意見>

■自分のお金は自分で使いたい

・「自分で稼いだものは自分で使いたい」(30歳/その他/その他)

・「自分のお給料は好きに使いたい」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「節約しまくって貯めた自分のお金を、自分以外に使われたくない」(29歳/機械・精密機器/技術職)

最近は結婚後も働く女性も珍しくないもの。そのため、自分の稼いだ分は自分で使いたいと思う女性も少なくないようです。

■生活費以外はわけたい

・「生活費などは共用にするが、それ以外の財布は分けたい」(32歳/金融・証券/専門職)

・「生活費は折半して、それ以外は別々に管理したいです」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「生活費や共同の貯蓄以外はわけたいから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

結婚した以上は生活費は折半するのは仕方ないとしても、それ以上は考えてしまうかもしれませんよね。お互い仕事をしているのであれば、自己管理で貯金をしてほしいと考えてしまうみたい。

<まとめ>

ほぼ半々にわかれる結果となりました! お金の管理に関しては、夫婦どちらかがすればいいとは言い切れない部分もあります。夫婦で話し合って、一番ベストな貯蓄方法を見つけるのがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日〜18日
調査人数:123人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]