お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子の目はごまかせない! 高確率で二股かけてる男の特徴3つ

ファナティック

女性にとって許せない男性と言えば、二股をかけている男ではないでしょうか。付き合っている彼氏や周囲の男性について、よく見ていれば「二股かけてそう」かどうかわかるものです。今回は、女性の目から見て二股をかけていそうな男の特徴を、アンケート調査しました。あなたの身の回りにいる男性にも、こんな人がいるのではないでしょうか?

■携帯電話の扱いにあらわれる

・「携帯を2台持って、それぞれで連絡をしている。うまく使い分けてそうだから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「携帯を常に触っていたり、電話がきたら、離れてすぐに出ること。いますぐ電話に出ないといけないんだなと思うから」(27歳/医療・福祉/専門職)

携帯電話は、二股を発覚させずにうまく付き合うことができるための、有力なツールになっているでしょう。2台持っていたり、メールやSNSのアカウントをたくみに使い分けて、2人の女性との予定を上手に管理しています。

二股をかけている男性は、そんな大切な携帯電話を無防備にしていることはないでしょう。他人が触ることを極端に嫌がったり、触られても絶対にバレないように何重にもロックをかけてシークレットモードを使っているかもしれません。いずれにしろ、普通の男性よりは携帯電話の扱いに長け過ぎているでしょう。

■なかなかデートに応じない

・「ドタキャンしたり、音信不通のことがある。後から聞くときちんとした理由を言えないので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「休日に会ってくれない。家に荷物を置かせてくれない。本命の子には土日に会いたいと思うし、家にきてくれるとうれしいから荷物も置かせてくれると思う」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ちょくちょくドタキャンをしたり、突然誘ったりする。相手の都合に合わせて動くか、自分の都合に合わせて動いてもらっていそうだから」(31歳/金融・証券/専門職)

二股をかけていると、2人の女性と自分の予定を細かく管理しなければいけません。しかも、その女性間に優劣をつけているとしたら、本命の女性の予定変更に伴って、本命じゃない女性とのデート予定がどんどん変わるなんてことが起こります。

もし、付き合っている彼氏の態度があやしくて、なかなかデートに応じない場合には、突然家に押し掛けるという強硬手段もアリかもしれません。はっきりさせてスッキリするには、逃れられない証拠を押さえなくてはなりませんね。

■こんな男が二股をする! 自分から女性にアプローチ

・「モテそうなルックスなのに自分からグイグイ来る人。一人の女性では満足できない可能性大」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「すぐに連絡先を交換しようと言い出す人。癖がついている感じがするから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「女性によく気遣いができる。髪型や洋服やアクセに気付き、褒める。よく女性を観察しているので、絶対浮気性だと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

そもそも二股をいけしゃあしゃあと続ける男性は、自分に自信があって、マメで、女性に好かれるタイプであることが多そうですよね。暇さえあれば新しい女性に声をかけ、自分の予定が空いていればどんどんデートを取りつける。そんな、自分からアプローチをしかけてくる男性は、将来もその性質が変わる見込みは少ないかもしれません。

■まとめ

いかがでしょうか。二股をかけている男性は、危機管理能力が高い場合も多いので、スキを見つけるのが難しいかもしれません。まずは、付き合う前にその男性が二股をかけそうな人かどうか考えて、付き合ってからは相手の動きに怪しいところがないかどうか、冷静な目で見つめることが必要そうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数158件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]