お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ウゼェェェっ!! 約〇割の男性が彼女のLINEに返信するのが面倒くさいと思ったことがあった!

大場杏

電話ほど相手の時間も奪わず、メール程かしこまったものでもないので、とても便利なコミュニケーションツール、LINE。時々「既読」マークがついているのに、彼から返事がこないことはありませんか?「何やってるの?」と疑心暗鬼になるのはまだ早い! ただ単に面倒なだけかもしれません。

Q.正直、彼女のLINEに返信するのが面倒くさいと思ったことはある?

ある……28.4%
ない……71.6%

意外と面倒に思っている方は少ないようですね。気軽に使うツールなので、あまりネガティブな要素はないと思われます。それでも約3割いる、「彼女のLINEに返信するのが面倒くさいと思う方」のコメントを見てみましょう。

■悪いタイミング

・「飲んでいるときに来ると、いちいち返すのが面倒くさいと感じるから」(35歳/建設・土木/技術職)
・「疲れているときは既読だけで許してほしい」(30歳/その他/事務系専門職)
・「残業していて忙しいときは面倒に感じます」(38歳/情報・IT/技術職)
・「用事がたくさんあるときや、立て込んでいるときに、特に内容がないメッセージが届くとイラッとする」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)

いえいえ、好きな時間にお返しください! LINEが来るだけなら何ら問題ないと思ってしまうのですかいかがでしょうか。「自分の時間がほしいときにメールが来たとき」と読んだらすぐ返信する男性にとっては、受信するタイミングが重要なのかも。

■どうでもいい内容

・「大した内容ではないのに連絡が遅れると怒る」(30歳/機械・精密機器/技術職)
・「どうでもいい内容、答えがない感じのLINE」(38歳/食品・飲料/その他)
・「仕事中にちょっとした出来事の報告をしてくる。どんな返信を期待しているのかわからないから」(32歳/通信/技術職)
・「どうでもいい情報をながしてくること」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ヒマな時間があると、内容がなくてもかまってほしいときがありますよね。忙しければ相手しなくてかまいませんけどっ!「会社のぐちを言われていたから」とネガティブな内容も面倒と答えていた方が多かったです。

■答えたくない内容のとき

・「否応どちらに答えても怒られそうな質問をされたとき」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「返事したくないときなど面倒である」(22歳/建設・土木/営業職)
・「返しづらい質問だったときに面倒くさくなった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「『電話をかけてきてよ』と言わなくても追い詰めてくる内容」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

面倒くさい理由で、これがもっともひどい内容のように思われます。答えたくないから無視……。何かしらアクションしてあげるのが礼儀かも。ケンカ中の意思表示とはまったくちがうお話ですよね。何か質問をしていて返事がなかったら、答えたくない確率も高そう。

■とにかく、終わりがない

・「既読しているのに、早く返さないと言われたとき」(35歳/金融・証券/営業職)
・「一日に何通もやり取りすると時間がかかる」(26歳/学校・教育関連/その他)
・「返事を求めてきたり、連投されると面倒」(23歳/金融・証券/営業職)
・「だらだら長い文章で、返したくなくなる」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

チャットのようなフォーマットなので仕方がないですよね。「帰ったら話すからいいや、みたいな」と直接コミュニケーションを大事にする方も。チャットが面倒なら離脱すればいいし返信を工夫すればいいのに、あえてそれをやらないのも優しさかもしれません。

■まとめ

マメに連絡をする男性が多いからこそ、出てしまう「面倒くさい」のように思いました。それでもあまりかまってくれない彼には、「意味のないLINE」はあまりやらない方がいいのかも。急に頻度が減ったら、逆に彼からLINEが多くくる可能性もありますし、ちょっと試してみるのもあり!

(大場 杏)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~38歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]