お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男子が一生忘れない! 彼女のキツイ一言「元彼のほうがいい」「あなたの子どもは産みたくない」

ファナティック

悲しい自分が気にしているコンプレックスについて、男性からズバリと言われると傷つくし、腹が立ちますよね。相手は何気なく言ったつもりでも、言われたほうのダメージは相当のものです。そこで今回は男性のみなさんに「女性に言われて傷ついたこと」について、教えてもらいました。

■コンプレックスなのに

・「身長のコンプレックスを指摘された際には傷つきましたね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ルックスのこと。生まれつきのことだから、カチンときた」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「顔のコンプレックスをせめられるのは、辛かった」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

一番多かったのは、自分ではどうしようもない「見た目」に関することでした。身長や顎など「すごく気にしているけど変えられないこと」を言われて傷つくのは、男性も同じようです。

■地味に傷つく

・「髭剃り後が気持ち悪い」(35歳/建設・土木/技術職)

・「キモいなど。地味に傷つく」(29歳/情報・IT/技術職)

「気持ち悪い」という言葉はよく使ってしまいがちですが、地味に傷ついている男性もいるようです。冗談のつもりで「キモい!」と言っても、男性の心はデリケートなので冗談に聞こえないのかもしれません。

■自信がなくなる

・「別れる際につまらない男と言われたこと」(32歳/商社・卸/営業職)

・「『器が小さい』、『男らしくない』、など、男はこうあらねばならぬ的な物言いはプレッシャーに感じる」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「男として見ることができないと言われて、男としての自信を失ったことがある」(36歳/情報・IT/技術職)

「つまらない男」や「器が小さい」など、男性としての度量について言われると、プレッシャーを感じたり自信を失うという人も。男性から「もう少し女らしくしろよ!」と言われるとイラッとしますが、それと同じことですよね。

■キツすぎるひと言!

・「雰囲気だけ、イケメンだね」(27歳/農林・水産/技術職)

・「あなたの子どもは産みたくない」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「元彼のほうがよかった」(28歳/電機/事務系専門職)

ほかには「傷ついた」というレベルを超えそうな、破壊力のある言葉を言われたという人も。「雰囲気だけイケメン」はまだいいとしても「あなたの子どもを産みたくない」とか「元彼のほうがよかった」は、キツすぎて立ち直れなさそうです。

■まとめ

男性のみなさんに「女性に言われて傷ついたこと」を聞いてみたら、外見のコンプレックスや男性としての度量についてなど、さまざまなエピソードが寄せられました。自分が言われたらどう思うかを考えて、間違っても今彼に「元彼のほうがよかった」なんて言わないように、気をつけたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]