お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

正直、彼氏には言いにくいんだけど……彼氏の家族に直してほしいこと4つ!

ファナティック

彼氏とずっと一緒にいるためには、「彼氏の家族と仲良くなること」が大事。でも正直いくら仲良くなりたくても、彼氏の家族と相性が合わなかったり、価値観がちがいすぎたりなど難しいケースもありますよね。そこで「彼氏の家族に直してほしいこと」を働く女性に聞いてみました。

Q.正直、彼には言いにくいけど、彼の家族に直してほしいことはある?

ある……18.0%
ない……82.0%

彼氏の家族に直してほしいことがある、と答えてくれた女性は約2割。彼氏の家族に対して特に注文がなく、うまくやっていけそうな女性が多いのはいいことですよね! では逆に注文がある女性は、彼氏の家族にどんなところを直してほしいと思っている? 詳しく聞いてみましょう。

■会う頻度・連絡する頻度が多すぎる!

・「いくら家が近いとはいえ、2週間に1回は向こうのご両親と食事したり出掛けたりするのが多すぎだと思う。新婚旅行までついてきそうになったりで、プライベートがありません」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
・「しょっちゅう彼に電話してこないでほしい。国がちがって時差があるから、こっちは非常に仕事で疲れている深夜2時くらいに、笑顔へらへら作って愛想笑いするの疲れるんだよ!」(30歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)
・「いろいろと干渉してこないでほしい。将来二世帯を期待するのやめてほしい」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

家族仲良くむつまじいのはいいとして、彼氏の予定が家族でいっぱいだと「さすがにそれは……」と思ってしまうもの。家族の団結・結束が強すぎる家庭で彼氏が育った場合は、こういうことも受け入れつつやっていくしかないのでしょうか!?

■家族以外への対応が冷たすぎる!

・「自分たちを棚に上げてものを言う。笑いを取りたいのか相手を小ばかにするようなことを言っている」(26歳/建設・土木/販売職・サービス系)
・「ぶっきらぼうな言い方。嫌な感じを受けるのでやめてほしい」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「私がいるときは、食事の時間など、私にも話しかけてほしい」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

世知辛い世の中、信用できる人間は家族だけ……。その気持ちはわからなくもないですが、「大事な息子の彼女なんだから、その輪に入れてほしい!」と思ってしまうこともありますよね。家族と他人を明確に分ける家族は、結婚後の生活が少し怖い?

■お金に無頓着すぎる!

・「お金に無頓着すぎるところ。良くしてくれようとしてくれるのはありがたいが、年金暮らしなので正直ムリしてほしくない。お義母さんがもっと年を取ってからの老後を心配してしまう」(31歳/情報・IT/営業職)
・「無計画にお金を使うところ。料理が買ってくるものばかりなところ」(34歳/学校・教育関連/専門職)

親世代とはお金の使い方や価値観が大きく異なるもの。「おもてなし」や「健康」のため、はたまた「便利なもの」のためお金を使うのはいいとしても、入ってくるもの以上にお金を使いすぎているとやっぱり心配になってしまいますよね。

■食事の好みが合わない!

・「『おいしいか』ではなく『体にいいか』を基準に食べるものを選ぶこと。一緒に食事しても楽しくない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「言葉使いが悪い。何でも味つけが濃い」(29歳/その他/その他)

住んでいる地域や年代、食への考え方によって味の好みはさまざま。このちがいはささいなことのようで、積み重なると大きなストレスになりがちですよね。「結婚しても同居は難しそう……」とつい考えてしまう瞬間かも!?

■まとめ

まだ恋人の段階であれこれ注文をつけるべきではないかもしれませんが、正直彼氏の家族に「こういうところを直せてもらえたらな」と考えてしまうことありますよね。結婚後の生活を万全なものにするには、この「溝」をお互いに少しずつ埋めていくことも大事なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]