お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子の願望! 「外見」と「内面」女子に褒められたいのは、どっち?

ファナティック

談笑女性にとって「かわいいね」という言葉はうれしいものですが、外見だけじゃなくて内面も見てほしいですよね。では男性は正直なところ、外見と内面のどちらを褒められるのがうれしいのでしょうか? 働く男性のみなさんに聞いてみました!

Q.「外見」と「内面」異性に褒められたら、特にうれしいのは次のどちらですか?

外見……31.7%
内面……68.3%

「内面」と回答した男性は約7割でした。ではどんな褒め言葉がうれしいかも含めて、それぞれを選んだ理由について聞いてみましょう。

<「外見」と回答した人の意見>

■ストレートに言われるとうれしい!

・「外見はあまりいいと思っていないから。ストレートに言われると、うれしい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「やはり第一印象は外見だと思うし、さわやかなどと言われると悪い気はしない」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「あまり褒められることがないから。『かっこいい』『超タイプ』って言われるとうれしい」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

「外見」を選んだ男性は「さわやか」や「かっこいい」「超タイプ」など、ストレートに褒められるのがうれしいようです。自分の外見に自信がない男性ほど、外見を褒められると特別感があるのかもしれませんね。

■内面は外見に出る!

・「内面は外見に出ると言われるので、外見を褒められたら内面も褒められたに近いと思う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「内面を褒めているのは、ほかに褒めるところがないから、無理やり探し出しているような感じがするから」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「外見についてのほうが気楽に受け止められる気がするから。中身を褒められてどのようにリアクションしていいか分からない」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

ほかには「内面は外見に出るから」という意見もありました。「内面がいいと外見もよくなる」とはよく言われますよね。でも「内面を褒めるのはほかに褒めるところがないから」は考えすぎのような気がしますが……。

<「内面」と回答した人の意見>

■外見は劣化するけど内面は磨ける!

・「内面はパッと見で分からない部分なので」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

・「外見は劣化していくだけだから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「見た目は変えようがないが、内面は自分しだいでどうにでもなる」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

「内面」を選んだ男性からは「外見は劣化するけど内面は自分次第」という意見が多くありました。生まれ持った外見を変えるのはなかなか難しいですが、内面については努力すれば磨きをかけることができますよね。

■時間をかけて自分を見てくれることが、うれしい!

・「中身を見てくれるほど、興味を持ってくれているのがうれしいから」(27歳/商社・卸/営業職)

・「外見的にすぐ見えるところではなく、内面のように時間をかけて知ってくれて褒めてもらえるコトがうれしい」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「内面を褒められたほうが、より自分というものを褒められた気がするから。素敵ですね。みたいなことを言われると嬉しい」(36歳/情報・IT/技術職)

ほかには「時間をかけて内面を知って褒めてくれることがうれしい」という意見もありました。内面はパッと見ただけでは分からないし、自分の芯を褒められるのがうれしいようです。褒めるときには「素敵ですね」とさらっと言うのがよさそうですね。

■まとめ

「外見」と「内面」では「内面」を褒められたほうがうれしい、という男性が多かった今回のアンケート。一瞬で判断できる外見よりも、時間をかけて内面を知ってもらいたいという気持ちは女性でも共感できますよね。気になる男性との距離を縮めるなら、内面を褒めるのが一番いい方法かもしれませんよ!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]