お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

だって、かまってほしいんだもん! 彼が好きすぎて意地悪したことがある女子→〇〇%!

ファナティック

小学生のときに、好きな女子にかまってほしくて意地悪する男子がいましたよね。今ではほほ笑ましく思えますが、大人になった今でも彼のことが好きすぎて、つい意地悪をしてしまう女性はいるのでしょうか? 早速調査してみました!

Q.彼が好きすぎて、意地悪したり、たたいてしまったことはありますか?

ある……14.4%
ない……85.6%

約1割の女性が「ある」と回答しました。割合は少ないものの、意地悪をしてしまう人はいるようです。では「ある」と回答した人に、具体的にどんなことをしたのか、詳しく聞いてみましょう。

■メールを返さない/ほかの男性の話をした

・「わざとメールや電話を返さないでいたこと」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「友だちの彼氏ばかり褒めていじめてしまったこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「好きすぎて困らせたくなったので、メールを返さなかったり、ほかの男の子の話をしたりした」(24歳/金融・証券/営業職)

彼を心配させたくて、わざとメールや電話を返さなかったという人も多いようです。友だちの彼氏を褒めるのも、うらやましいわけではなく、単純に彼の反応が見たいだけなんですよね。

■かまってほしくてケンカをふっかけた

・「あえてケンカをふっかけてしまったり、困らせてしまったりした」(35歳/その他/営業職)
・「かまってほしくてわざと意地悪なちょっかいをした」(29歳/金融・証券/事務系専門職)
・「彼の気を引きたくて、本当は怒っていないのに怒ってしまったり、そっけない態度を取ってしまったことがあります」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

かまってほしくてケンカをふっかけたり、そっけない態度を取ってしまったという人も。ケンカそのものはどうでもよくて、本当は「もっと私にかまってよ!」という気持ちがありそうです。

■あの禁句フレーズを言ってしまった!

・「嫉妬してほしくて、わざとあんまり興味ないようなことを言ってしまった」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「嫌がるのがかわいくて、ついつい関節技をキメたりして、めっちゃ嫌われた」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「言ってはいけないとわかっているのに『仕事と私どっちが大切なの?』と言ってしまった」(31歳/情報・IT/営業職)

嫉妬してほしくて興味のないことを言ったり、嫌がるのがかわいくて関節技をキメたという強者も! そして禁句フレーズである「仕事と私どっちが大切なの?」は、意地悪というよりは本音が出てしまったのかも?

■まとめ

彼のことが好きすぎて、メールを返さなかったりケンカをふっかけたりと、寄せられた意見にはいろいろなタイプの意地悪がありました。ちょっとの意地悪ならかわいげがありますが、本気の意地悪は関係が悪化する可能性があるので、さじ加減に注意したほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数153件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]