お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 メイク

【キレイの相談室】ぶきっちょさんでもOK! プロ直伝、「アイライナー」をキレイに引くコツ

野口由佳

「もっとメイクがうまくなりたいけど、何からすればいいのかわからない」「自分の肌には、どんなタイプの化粧品を選べばいいの?」など、「キレイ」にまつわるさまざまなお悩みに、ヘア&メイクアップアーティストの野口由佳さんがお答えします!

目元の印象を強め、華やかに魅せるのに欠かせないアイライナー。でも、アイライナーって、キレイに引くのが難しくて、結局使わなくなっていく……なんて悩みを持つ女性も多いのでは? 今回は、「アイライナーをキレイに引くコツ」について、紹介します。

<今回のお悩み>

「アイラインがうまく引けず、いつもガタガタになってしまいます。不器用でもキレイに引くコツを教えてください」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

<Answer>

ぶきっちょさんにオススメは「ジェル芯」タイプのペンシルアイライナー。アイライン前のビューラー使いもポイントです!

■アイライン初心者にはペンシルタイプが◎

上手にアイラインを引くために、まず大切なのは「使いやすいアイライナー」を選ぶことです。

ペンシルやリキッド、ジェル、パウダーなどさまざまなタイプがありますが、初心者でもキレイなラインを引きやすいのはペンシルタイプ。中でも「ジェル芯」のように芯がやわらかいものは肌にひっかかりにくく、スルスルと引けるので、ぶきっちょさんにもオススメです。

線がガタガタになってしまう……という場合は、アイラインを引く位置もチェックしてみましょう。

もし、まつ毛の上から引こうとしていたら要注意。

今のアイラインの基本は、まつ毛の間を埋めるスタイル。あらかじめ、ビューラーでまつ毛を上にカールさせ、まつ毛の間を埋めるように塗りつぶしていくのがコツです。

また、できるだけ顔を鏡に近づけ、まつ毛の生え際をよく見ながら引くのもポイントです。

アイライナーを持たないほうの手で、軽くまぶたを引き上げるとより見やすくなり、「引き損じ」を防げます。鏡をテーブルなどに置く場合は、少し上から鏡をのぞきこむようにするといいでしょう。洗面台のように鏡が正面にある場合は、あごを上げて鏡面を見下ろすようにすると、まつ毛の生え際が見えやすくなります。

■失敗したら、綿棒でリカバリー

もしうっかりはみ出てしまったら、綿棒で修正しましょう。ペンシルで引いたアイラインであれば、先端を細くつぶした綿棒でアイシャドウとなじませれば、大抵の場合気にならなくなります。どうしても気になる場合は、その部分だけメイクオフして引き直す手もアリ。ここでも綿棒が便利です。綿棒に保湿クリームなど、油分が多めのクリームをしみ込ませて、はみ出した部分を拭きとります。ただし、この場合、ほかのアイメイクも一緒に落ちるので、塗り直しを忘れずに。

■目尻に「ひと足し」使いをするなら、リキッドタイプ

ペンシルタイプで自信がついたら、目尻のアイライナーにもチャレンジしてみましょう。目尻にはペンシルタイプよりも、細かいラインが引けるリキッドタイプを部分使いすることで、より印象的な目元に仕上がります。

マスカラを塗ってまつ毛の長さやボリュームと整えたあと、目尻に「もう一本まつ毛を付け足す」イメージで、リキッドアイライナーを使います。このときも、指でまぶたを押さえるのがポイント。目尻の1センチ程上に指を乗せ、45度上に引っぱって肌にハリをもたせると、目尻に自然と筆先がハマります。そこから外側に向けてラインを付け足します。

長さの目安は「自分のまつ毛」ぐらい。あまりに長く付け足してしまうと、不自然になるので気をつけて。個人差もありますが、5~6mm程度が一般的です。

アイラインを引くと、ちょっとキツい印象になるという人は“足しすぎ”の可能性があります。ラインの太さや長さを控えめに調整してみましょう。「すっぴんに近づける」くらいのイメージで使ったほうが、今っぽい自然な目元に仕上がります。

<アイライナー初心者さんにオススメのアイテム>

●ペンシルタイプならコレ!
コーセー ヴィセ リシェ カラーインパクト ジェルライナー

書きやすいうえに、色持ちがいい。メイクの現場でも、ずっとこれを使っています。色はブラックがオススメ。黒目が際立ち、大きくキレイに見えます。

950円(税抜想定価格)※編集部調べ

●目尻にはコレ!
msh ラブ・ライナーリキッド

適度なコシのある筆先で、とにかく使いやすい。筆先が割れ難いのもうれしい。色は自然に肌に馴染むダークブラウンがオススメです。

1,600円(税抜)

<今回のまとめ>

・アイライン初心者にも使いやすいのは、芯がやわらかい「ジェル芯」のペンシルタイプ
・アイラインを引く前にビューラーを使うと◎
・アイラインを引くときは、鏡にできるだけ近づく
・空いた指でまぶたを引き上げ、まつ毛のキワをしっかり見る
・目尻のポイント使いはリキッドで。足しすぎ注意!

監修:野口由佳
ヘア&メイクアップアーティスト。ROI所属。今時のトレンド感と女の子らしいかわいさを兼ね備えたメイクが得意。雑誌や広告、テレビで活動中。

※画像はイメージです

(取材・文/齋藤純子)

お役立ち情報[PR]