お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きでもイライラする! 恋人にイライラする瞬間とその対処法・5つ

下村さき

いくら好きな人でも、他人は他人。
一緒にいれば、イライラすることもありますよね。
でも、イライラする度にケンカになってしまっては、それもそれで疲れるもの・・・。
そこで今回は、「恋人にイライラする瞬間は、どんなとき?そんなとき、どうやって対応する?」とアンケートを実施してみました!

【男性】

■話が要領を得ない

・「話す内容を自分の頭で整理する前に喋り出して、結局自分が何を言いたかったのか自分でもわからなくなってるのに気にしないで、さらに話を続けようとする。下手にこっちから口を挟むと機嫌が悪くなるので、只々聞いてるフリをする」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「オチのない話をずっとしている時」(37歳/情報・IT/技術職(SE・プログラマー・システム))

確かに女性は、「ただ、話したい」という気持ちで、整理せずに話し出す傾向が。
もちろん、それだと男性には何が言いたいのか伝わらず、イライラさせてしまいます。
でも、女性は「聞いてもらえれば良い」と思っているので、男性は黙って話を聞いてあげましょう。
「うんうん」と相槌を打っていれば、基本女性は満足するものです。

■文句を言う

・「小さいことを気にして、いつまでもブーブー言われたとき」(39歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「理由のわからないことでイライラしたり、文句を延々いってきたりされるとこちらもつられます。あらしがすぎるのをまつだけです」(39歳/運輸・倉庫/その他)

男性は、「それって違うんじゃない?」「こうしてよ!」と文句を言われるのが苦手!
自分を否定されたような気分になってしまうので、女性側は言いたいことを伝えるときに、『文句』と捉えられないように伝えるのが大事になります。
「こうしてほしいな」「次は、こうしてくれると嬉しいな」と、伝え方一つでケンカにならずに済みそうです。

【女性】

■話を聞いてくれない

・「人の話を聞かないでテレビに夢中な時。聞いてと言ってテレビの音量下げる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分の話を聞いてなくてスマホのゲームばっかりしている。テレビばかり見て人の話を聞かない。会話がゼロになるのは嫌だから、その横で返答があるまで話しかけ続ける(笑)」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

男性側が、「何言っているのか分からない!」とイライラしているのに対し、女性側は「話を聞いてくれない!」と怒っているところに、男女のすれ違いを感じます。
前述しましたが、男性は目を見て話を聞くなどして、『聞いているよ』という態度をとってあげると良さそうです。
女性も、聞いてもらえるように、少し話を整理してまとめてから話し出すと良いかもしれませんね。

■非常識

・「非常識だったり、思いやりやマナーがない様を見た時」(29歳/その他/その他)

・「非常識な時。店員に当たり散らすなど」(24歳/商社・卸/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

女性は、男性に『リードしてほしい』と思っているもの。
それなのに、思いやりやマナーがなっていない姿を見てしまうと、やはりガッカリしてしまうようです。
マナーは身につけておかないと、一緒にいる相手も困らせてしまいます。
男性は、いま一度自分の行動を振り返りたいですね!
また、女性側も、「文句」「小言」と思われないよう、すっと彼をサポートできるようにしておきたいものです。

こうして見ていると、同じタイミングで男女違うことにイライラしているのが分かります。
イライラしたときには素直に伝えたり、都度解決して、次に同じことでケンカにならないことが大事ですね。

(下村さき)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日〜2016年4月28日
調査人数:819人(22歳〜34歳の女性406人、22歳〜39歳の男性413人)
※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]