お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性フェロモン「強め」VS「弱め」 女性が好きなのはこっち!

ファナティック

体つきがマッチョだったり、ひげが濃いようなワイルド系の男性は、いかにも「男性フェロモン」が強そうですよね。一方で「男性フェロモン」が弱そうで、少女漫画に出てきそうな中性的な男性もいます。付き合うとしたらどちらの男性がいいか、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

■女性は男性フェロモンを重視するのか

Q.男性フェロモンの強い彼と弱い彼、付き合うならどちらがいいですか? 自分の気持ちに近いほうをお選びください。

男性フェロモンの強い彼……49.6%

男性フェロモンの弱い彼……50.35%

ほぼ半数に分かれましたが、たった1%の差で「男性フェロモンの弱い彼」が多い結果となりました。どうしてそう思うのか、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

■「男性フェロモンの強い彼」がお好みの女性の意見

●肉食系が好き!

・「男らしくて魅力的。きっとそういうヒトは肉食系のハズなので」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ガツガツきてくれたほうがいいから。自分から誘うのはいやだから」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「自分があまり恋愛に対して積極的になれないため、男性フェロモンが強く肉食系の男性が好き」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

多かったのは「肉食系の男性が好き」という意見でした。男性フェロモンが強そうな彼は、間違いなく肉食系ですよね。草食系男子が普通になった今では、肉食系男子の方が珍しく、需要も高いようです。

●頼りがいがあって男らしい!

・「強いと、頼りになって男らしそうだから」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「男らしさを感じるので。壁ドンとかが合いそう」(31歳/情報・IT/営業職)

・「フェロモンが強い人のほうが男らしさをより感じることができるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

ほかには「男らしい」や「頼りがいがある」という意見もありました。壁ドンも似合いそうなイメージですよね。男性フェロモンが強い男性は「男アピール」がすごいので、たくましさを感じる女性も多いようです。

■「男性フェロモンの弱い彼」がお好みの女性の意見

●ワイルドな人は落ち着かないから苦手!

・「あまりにフェロモンの強い男性は、近づきにくいし落ち着かないから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「一緒にいてリラックスできる人がいいので、フェロモンむんむんの人はちょっとやだ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ワイルドな人は圧倒されてしまうので苦手だから、話しやすい中性的な感じの彼がいいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

こちらで多かったのは「男性フェロモンが多い人は落ち着かない」という意見でした。中には「ワイルドな人は圧倒されてしまう」という人も。男性フェロモンが弱い彼のほうが、一緒にいてリラックスできるのかもしれませんね。

●浮気の心配がなさそう!

・「浮気の心配がなさそう。やさしくて思いやりがありそうな感じがする」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「強いと疲れそう、女に目がなさそうだし浮気しそう」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「あまり強すぎると浮気しそうで嫌だ。あまり強くない人のほうが安心できる」(33歳/医療・福祉/専門職)

ほかには「浮気しなさそう」という意見もありました。ワイルド系な男性はモテそうなので、浮気の心配がありますよね。男性フェロモンが弱い彼なら、1人の女性で満足して、その彼女のことを大切に扱ってくれそうです。

■まとめ

「男性フェロモンの強い彼」と「男性フェロモンの弱い彼」では、どちらと付き合いたいかについて聞いてみたら、大きな差はありませんでした。ワイルド系の男性は男らしくて頼りがいがあるし、中性的な男性は優しさやリラックスできるなど、それぞれに魅力がありますよね。あなたならどちらを選びますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数128件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]