お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

俺らだって気にしてるから! 女性の目を意識して気をつけていること4つ

ファナティック

同性に見られるときと、異性に見られるときとでは、見た目や言動に対する気遣いがちがってくるもの。同性であれば気にしないようなことも、異性の目があるからこそ気になってしまうことはよくありますよね。今回は、女性の目を意識して気をつけていることを、社会人の男性に聞いてみました。

<女性の目を意識して気をつけていること>

■身なりをととのえる

・「鼻毛が出ていないか。歯に食べ物が挟まってしないか、ついていないか」(28歳/商社・卸/その他)

・「オシャレは足元からと言うので靴は常にキレイにしている」(37歳/アパレル・繊維/営業職)

相手に好印象を持ってもらうため、まずは身だしなみに気をつけるという意見です。オシャレであることよりも、清潔感が優先事項。顔や髪型、服や靴まで気を使えば、どこを見られていても自信を持って行動できそうですね。

■支払いはスマートに

・「極力トイレに行っているあいだに支払いを済ませる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「お金に関することは、極力避けスマートにする。付き合うまでは、おごる」(33歳/商社・卸/営業職)

支払いがスマートな男性は、「女心をわかっているなぁ」という印象を受けますよね。「おごるよ」とこれ見よがしに言うのではなく、女性が気づく前に支払いを済ませていることがポイントなのかも。

■紳士のたしなみ

・「荷物を持ってあげたり、なるべく道路側を歩くようにしている」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「何ごともレディーファーストを心がける。ドアをあける、エスカレーターはうしろ側に立つなど」(39歳/情報・IT/技術職)

レディーファーストができる男性は、紳士的な印象がありますよね。女性の行動を先まわりしてくれる気遣いはすばらしいのひと言。「女性を守らなきゃ」という男性としての強さも感じさせる行動です。

■女性の前では強い男でいる

・「優柔不断なところを何ごとにも見せないで、失敗を恐れず行動する」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「何にでもすぐに怖がらないように強がっている」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

本当はこんな性格ではないけれど、女性の前ではつい強い男を演じてしまうという男性も。どっしりとした安定感に男の魅力を感じる女性は多いはず。何ごとも落ち着いて冷静に判断し、行動できる男性には頼りがいを感じますよね。

<まとめ>

男性も女性に好印象を持ってもらうために、さまざまな努力をしているようです。時にはがんばりすぎて不自然なふるまいになってしまうこともありますが、それは、あなたの前では理想の男性でいたいという男心の現れなのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
 調査日時:2016年3月14日~2016年3月15日
 調査人数:428人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年04月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE